バイアグラのQ&A

 

バイアグラを飲む量はどのくらいが適切か?

 

1日1回、1錠か2錠が適切な量となります

af9940060377l
バイアグラの用量は1日に1度を限度として、1錠か2錠の服用が適切です。

バイアグラは厚生労働省によって認可も受けているED治療薬で、1錠あたり25mgが含まれているものと50mgが含まれているものの2種類があります。

どれだけの量を服用すべきかについては、EDの容態にもよるため、微妙な判断は医者に任されています。

医者によっては25mgよりも50mgを服用すべきだと判断することもありますが、1度につき50mg以上は体に害を及ぼす可能性もありますので、そういった指示が出ることはまずありません。

最大でも25mgを2錠分、つまり50mgまでだと覚えておくと良いでしょう。

薬を飲む量が増えても期待できる効果は変わらないことがあるだけでなく、害を及ぼしてしまうと大事ですので独自の判断で服用量を調整すべきではありません。

また、ジェネリック医薬品についても同様の量が適切となります。

バイアグラは性欲を向上させる薬ではありません

よくバイアグラを精力剤と同種のものと勘違いされることがありますが、これは大きな間違いです。

性欲を増進してくれる薬ではなく、服用することで勃起機能を一時的に回復させる薬となります。

より具体的に言うのであれば、男性器が刺激を受け、性的興奮が生まれた際にしっかりと勃起させてくれる力を持った薬というわけです。

したがってバイアグラを服用したからといってすぐに何もしなくてもすぐに勃起するというわけではなく、性行為の時だけ勃起させてくれる便利な薬といえます。

服用の量については前記の通りですが、用法としては1度服用した後には必ず24時間以上の時間をあける必要があるため注意しましょう。

これらの条件さえ守っていれば、毎日服用しても人体に害は出ませんが、しかしながら少々値が張るため経済的とはいえません。

性行為をする予定がある日にだけ服用して、その他の日は服用しない、という方法が最もおすすめといえるでしょう。

効果の持続時間を考えて服用することが大切です

5402b9be7c9674acd939dfcd69f93f0b_s
バイアグラは1日に1錠のみの服用となりますが、基本的に性行為に及ぶ前に服用すると効率が良くなります。

効果の持続時間は4時間から6時間程度で、長時間の性行為の場合には途中で効果が切れてしまう可能性があり、また服用のタイミングが性行為の6時間以上前でも同じく効果が期待できなくなってしまうため避けるべきといえます。

服用に際してこの他に注意すべきことは食事です。

バイアグラは食前に服用した方が効果が表れやすいことが分かっていますので、もしも何か食べたいという場合にはかなり早めに食事を済ませておいたほうがよいでしょう。

食後に服用する場合には少なくとも2時間程度の時間をあけて服用しないと本来の効果が発揮されない可能性がありますので注意が必要です。

バイアグラの効果は服用してからだいたい30分後に現れることになり、顔が火照ったり目が充血したりといった症状は効果が発揮されたことのサインでもありますので、鏡で自分の顔をチェックしてみると良いかもしれません。

ジェネリック医薬品の服用の際にも注意が必要になります

バイアグラのジェネリック医薬品は既に何種類も発売されており、こちらについても病院や専門治療クリニックなどで処方してもらうことが可能です。

ジェネリック医薬品であるシアリスやレビトラはどちらも5mg、10mg、20mgの3種類があり、飲む量についてもバイアグラと同じく医師の指示に従った方が無難です。

血圧を下げるという効果も同じくあるため、医師の指示通りに飲む量を調整しないと著しい血圧の低下から健康に害を及ぼす可能性がありますので注意が必要となります。

現在では海外のジェネリック医薬品を個人輸入することも可能です。

しかし、粗悪品が販売されている可能性もあるため、病院で正規に処方されたものを服用した方がよいでしょう。

(まとめ)バイアグラを飲む量はどのくらいが適切か?

1.1日1回、1錠か2錠が適切な量となります

バイアグラを飲む量は1日に1回限りで、1錠か2錠、50mgまでとなります。

それ以上服用すると人体へ害を及ぼすこともありますので、必ず医者の指示に従って服用量を調節するようにしてください。

2.バイアグラは性欲を向上させる薬ではありません

バイアグラを服用すると性欲が増進されると考えられがちですが、これは間違いで、性的な刺激が無い限りは何も変化は起きず、勃起することもありません。

用法用量を守っていれば毎日服用しても問題はありませんが、性行為の前にだけ服用するのが一般的です。

3.効果の持続時間を考えて服用することが大切です

バイアグラは基本的に食前に服用する薬となります。

食後の服用でも一定の効果は期待できますが、本来の効果が発揮されない可能性もあるため、できれば時間をあけて服用するように心がけてください。

4.ジェネリック医薬品の服用の際にも注意が必要になります

バイアグラのジェネリック医薬品にも血圧を下げてしまう効果がありますので、しっかりと診断を受けた上で適切な量を処方してもらった方が安全で確実です。

効果が出ない場合には少しずつ飲む量を増やしていくといった工夫がなされることもあります。

EDの治療は専門クリニックにご相談ください!

EDの悩みは専門医に相談するのが
最も効果的です。

医学根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。