バイアグラのQ&A

 

バイアグラの使いすぎって何か問題ある?

 

使いすぎはさまざまなリスクに繋がるため避けるべきです

5402b9be7c9674acd939dfcd69f93f0b_s
ED改善という多くの人が魅力感じる効能に期待できるバイアグラですが、使いすぎはおすすめできません。

さまざまなリスクが伴うため、ED改善どころでない問題をも引き起こしかねません。

バイアグラは、1998年に初めて発売されると、世界中から大きく注目され、自国の承認を待てず個人で輸入する人も多々見られました。

日本でも多くの人が魅惑の効果を求め、輸入代行業者を利用して手に入れました。

ですが、当時まだ正しい使用法や副作用への注意点が把握されておらず、健康被害を受けた人も少なくなかったそうです。

そうした事情から、翌1999年、日本でも早速スピード承認され、安全に手に入れられるようになりました。

そうしたエピソードからも、用法用量を正しく守って使用することの重要性が窺えます。

安易に使いすぎないよう、気をつけましょう。

バイアグラの正しい用法用量って?

基本的なバイアグラの使い方は、1日1回を水分と一緒に服用するというものです。

錠剤タイプなので、持ち運びやすく、またあらゆる場所で飲みやすいという特徴を持ちます。

次に定められた用量ですが、これは1錠のみです。

水やお茶、清涼飲料水、さらにはお酒で飲んでも問題ありません。

ただ、この用量は基本的にかならず守らなければなりません。

後述で紹介するような、あらゆるリスクに繋がるためです。

ただ、例外的に1錠以上飲んでも構わない、むしろそちらを推奨される場合もあります。

それは、糖尿病や強度の肥満状態を抱える人、また高血圧やうつ病に関する治療薬が原因で起こるEDのケースです。

こうした場合、通常用量の1錠では効果を現しにくい可能性も考えられます。

そのため、医師から処方される際、特別に2錠同時服用を勧められることもあるのです。

とはいえ、こうした飲み方はあくまで医師が適切と判断した上で提案されるものです。

個人での判断は危険なので、かならず1日1回、1錠の決まりを守りましょう。

使いすぎるとどんなリスクを伴うの?


まず基本的に、服用量を増やしたところでED改善効果が増す訳ではありません。

上記に触れた例外を除き、1錠飲んだ場合とほとんど期待できる効果は変わりません。

それどころか、むしろ改善効果が体感できなくなる場合もあるようです。

そしてさらに懸念すべきなのが、副作用の可能性が高まるということです。

正しく使用していれば危険は抑えられますが、基本的にバイアグラは副作用も少なくない薬です。

強い効き目に期待できる薬であるため、重篤症状へ繋がる恐れもあるほどです。

まず軽度のものとしては、目の充血や顔のむくみ、鼻づまり・鼻血・胃痛・動悸・頻脈などがあります。

これらに関しては発症率が高いものの、そこまで心配いらないものです。

危険な状態に繋がるものとしては、持続勃起症・突発性難聴・狭心症などがあります。

これらは入院を必要とする状況や、後遺症に繋がるケース、さらに死の危険すら考えておかなければならないものです。

安易な使いすぎはほとんどメリットがなく、リスクばかり高めてしまう非効率な使用法です。

正しい使用法を守りましょう。

国に承認された薬であることのメリット

冒頭の通り、バイアグラは1999年、国に認証を受けた薬です。

正確には、1999年1月25日厚生労働用より認可、そして同3月23日から国内発売が開始されました。

そのため、未認可薬にはない大きなメリットが伴います。

それは、医師の処方を通して手に入れられるということです。

まず、正規の医療機関から受け取る薬は、偽造品、粗悪品である心配がまず必要ありません。

バイアグラは需要の高い薬であるため、インターネット上に多く不正業者が蔓延しているのも事実です。

偽造品等は、ED改善効果に期待できないどころか、前述のような副作用リスクがさらに高まります。

その点、医療機関を受診すれば、安心して受け取ることができます。

次に、用法用量をはじめとした、服薬指導が受けられる点です。

1日1錠の説明はもちろん、副作用リスクを低減するためのコツや、より効き目に期待できる飲み方などを、専門家の立場から的確にアドバイスしてもらえます。

さらに、万一副作用が現れた場合でも、速やかに対応してもらいやすいです。

このように、厚生労働省から認可されていることは、多くの安心感に繋がるメリットを伴います。

バイアグラ入手の際は、ぜひ医療機関から処方してもらうことを心がけてください。

(まとめ)バイアグラの使いすぎって何か問題ある?

1.使いすぎはさまざまなリスクに繋がるため避けるべきです

魅力的な効能に期待できるバイアグラですが、使いすぎるとさまざまなリスクも懸念されるため、おすすめできません。

発売当初、用法用量を詳しく知らない人が安易に使用し、多くの健康被害へ繋がったことからも重要性は窺えます。

安全に使用しましょう。

2.バイアグラの正しい用法用量って?

基本的な使用法は、1日1回、1錠を水やお茶等で服用する形です。

1錠以上に及ぶ使いすぎは、リスクに繋がるため避けるべきです。

ただ、病気やEDの原因に伴い、例外として医師指導のもと2錠服用が適切である場合もあります。

3.使いすぎるとどんなリスクを伴うの?

バイアグラは、適正量以上飲んだところで効果が倍増する訳ではありません。

むしろ目の充血や鼻血、さらには突発性難聴、狭心症といった重大な副作用リスクを高めることに繋がってしまいます。

1回1錠の決まりを、かならず守るようにしましょう。

4.国に承認された薬であることのメリット

バイアグラは、1999年1月25日に厚生労働用より認可を受けた薬です。

そのため、医療機関を通して安全に入手することができます。

偽造品に関する心配が抑えられたり、服薬指導が受けられたりなど、多くのメリットが感じられます。

EDの治療は専門クリニックにご相談ください!

EDの悩みは専門医に相談するのが
最も効果的です。

医学根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。