バイアグラのQ&A

 

バイアグラの作用時間ってどれくらい?

 

バイアグラの作用時間は服用後約4~5時間です

imasia_15638451_M
バイアグラは、健康な勃起ができなくなる、ED症状に効果的な薬です。

服用することで、4~5時間の間、症状改善が期待できます。

基本的に性行為へ用いる存在であるため、作用時間の把握はとても重要です。

また、服用の仕方一つで、この作用時間は遅れたり、短くなったりする場合もあります。

正しい使用法あってこそ期待できる有効な作用なので、しっかり覚えておきましょう。

そしてごく稀にですが、4~5時間という作用時間を越えてもなお勃起が収まらないこともあるようです。

EDで悩んでいた人にとっては嬉しい状況かもしれませんが、度が過ぎると大きな危険も伴います。

あらゆる特長を踏まえて、安全かつ効果的に使用できるよう心がけましょう。

4~5時間の間ED改善が期待できるのはなぜ?

それではまず、EDという症状について紹介します。

通常健康であれば、性的興奮を覚えると、脳から神経を通り一酸化窒素が放出されます。

そしてこれが陰茎に達すると、その中で、cGMPという血管拡張物質が放出されます。

血管が拡張されるということは、すなわち血圧を下げるということです。

そして血圧が下がれば、血流はスムーズになります。

これにより、陰茎の海綿体が充分な血液で満たされ硬くなるというわけです。

ところが、EDになるとこのcGMP量が低下し、代わりに勃起抑制酵素が大きな力を持ちます。

そのため、自然な勃起が難しくなってしまうのです。

バイアグラに含まれる有効物質シルデナフィルは、cGMPの代わりに血管を拡張させ、さらに勃起抑制酵素を阻害します。

このピンポイントな有効性こそが、4~5時間ものED改善へと繋げてくれる理由なのです。

一般的な精力剤や栄養剤にはない仕組みであるため、それまであらゆる方法を試しても改善しなかったという人でさえ、大きな希望が抱けます。

作用時間が遅れたり短くなったりするケースって?

4~5時間の作用時間は、あくまで正しく効果的に使用したとき期待できるものです。

効果低減に繋がる飲み方をすると、それに限りません。

例えば、服用前に食事を摂っているケースです。

胃などに食事がたくさんある状態で飲むと、シルデナフィルはしっかり吸収されにくくなります。

そうなると、効果は薄まる恐れが伴います。

さらに、油分が多い食事の場合、より効きは悪くなる傾向にあるそうです。

行為前に食事を挟む場合は、腹八分目以下の量に抑え、そしてさっぱりとしたメニューが理想的です。

またなるべく、時間を置いてから飲みましょう。

次に、服用前後のタイミングで過度な飲酒をしている場合も注意が必要です。

バイアグラは勃起促進に役立てられますが、そのきっかけとなる性的興奮は別で得なければなりません。

アルコールは感覚を鈍らせるので、こちらもまた、効果が薄まることに繋がります。

もっとも理想の飲み方としては、空腹状態で、過度な飲酒を避けて使用する形となります。

また適度な飲酒は、リラックス効果に繋がるので、軽くならお酒を口にしているとより良いかもしれません。

4~5時間の、十分な効果発現を期待できます。

作用時間が長すぎることで伴う危険って?

190dc216b53fd
4~5時間を越えてなお勃起が収まらない状況は、副作用も懸念されます。

確かにEDが改善された状態でもありますが、最悪の場合後遺症に繋がるため、注意するべきです。

その副作用の名前は、持続勃起症です。

このとき陰茎内では、動脈の破れに伴い大量の血液が海綿体で留まった状態となっています。

こうなると、興奮が収まってもなお勃起は持続したままとなります。

そしてもしこの状況が24時間以上続いた場合、勃起障害と言う大きな後遺症にも繋がります。

勃起障害になると、以降バイアグラをもってしてもなお勃起ができなくなってしまうほか、排尿障害も伴いかねません。

あらゆるリスクが伴うので、覚えておきましょう。

もし長時間の勃起継続が見られたら、早めに泌尿器科で診てもらいましょう。

恥ずかしさもあるかもしれませんが、一生の健康に関わることなので、軽視は禁物です。

とはいえ、こうした重大症状はごく稀です。

また早めに医師へ相談すれば、多くの場合問題ありません。

基本的には安全で、かつ十分な作用時間を期待できる有効な薬です。

わずかな注意点だけ意識し、効果的に活用してみてください。

(まとめ)バイアグラの作用時間ってどれくらい?

1.バイアグラの作用時間は服用後約4~5時間です

バイアグラの作用時間は、基本的に服用後4~5時間です。

ですが正しい使用法の上飲まなければ、発現の遅れや短縮にも繋がります。

また作用時間が過度に長い場合、危険を伴うこともあります。

あらゆる特徴をしっかり把握した上で安全に使用しましょう。

2.4~5時間の間ED改善が期待できるのはなぜ?

勃起は、陰茎内におけるcGMPの血管拡張作用あってこそ起こる現象です。

ですがEDになると、cGMPが減少し、勃起抑制酵素が力の割合を占めます。

バイアグラは、その原因へ直接的に効果を現すため、4~5時間の十分な作用時間が期待できます。

3.作用時間が遅れたり短くなったりするケースって?

4~5時間の充分な作用時間は、飲み方一つで遅れたり短くなってしまいます。

例えば、過度な食事や油分の多いメニューを挟んだ場合、またお酒を飲みすぎたケースなどです。

逆に、空腹状態で適度なお酒を嗜みながら飲む形が、理想的な使用方法となります。

4.作用時間が長すぎることで伴う危険って?

勃起が通常の作用時間を超え、そして24時間にも達する場合、持続勃起症という副作用を疑うべきです。

これは陰茎内の動脈破れに伴った症状で、勃起障害という後遺症にも繋がります。

もし兆候が見られたら、早めに泌尿器科を受診しましょう。

EDの治療は専門クリニックにご相談ください!

EDの悩みは専門医に相談するのが
最も効果的です。

医学根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。