バイアグラのQ&A

 

バイアグラの使用に危険性はある?

 

薬自体は安全ですが注意を怠ることで危険性に繋がる場合もあります

5d8ce5c94531bf2eb04fcf9b9e44cd37_s
結論としては、危険性はそこまで高くない安全な薬といえます。

それはバイアグラが、世界的に見ても安全意識の高い、日本でも国の機関認証の上展開されていることからも窺えます。

ただ、強い効果に期待できる薬であるため、副作用も多少注意しなければならないのが実際のところです。

この注意点を怠った場合に関しては、危険性が伴うことも考えられます。

気をつける点としては、主に服用方法や飲み合わせ、ごく稀に起こる重い副作用などがあります。

一般的な精力剤や栄養剤と異なり、特有の作用を持つため、あらゆる影響を懸念しておく必要性があります。

注意点さえ守れば悩み解消に繋がる嬉しい薬なので、ぜひ安全に活用できるよう意識してみてください。

日本でどのように展開されているの?

バイアグラは、1998年にアメリカで発売開始されたED改善薬です。

それまでにないEDへの有効性は大きな話題となり、アメリカのみならず、日本を含めた海外でも広く注目されました。

そして1999年、日本でも厚生労働省の認可を受け、翌年という早いタイミングで国内販売が開始されました。

個人輸入で購入した使用者が、使用法の誤りや偽造品による副作用といった被害を多発させたためです。

ですが承認販売以降は瞬く間に話題が広まり、あらゆるED患者の助けになる存在となりました。

国から承認を受けた上販売されていることのメリットとしては、何より安心感が挙げられます。

医師の処方を通して手に入れられるため、偽造品・粗悪品への不安がなく、また的確なアドバイスのもと受け取れます。

今なおネット上における個人輸入代行サービスも多く存在しますが、バイアグラ、そして各ジェネリック品の製造メーカー、そして日本の医療機関が共同で危険性を注意喚起しているほど注意すべき存在となっています。

安全にバイアグラを入手・使用するなら、専門医を通して購入するよう心がけましょう。

バイアグラの使用で気をつけるべき点について

3d2a444234374accfef73f2485890ff9_s
まず軽い副作用についてですが、これはかなり高い確率で起こります。

代表的なものに目の充血・顔のほてりがあるのですが、これらは使用者の9割近くが感じる症状でもあるそうです。

後述で詳しく紹介しますが、これはバイアグラには血の巡りを良くする作用があるためです。

そのため、充血やほてりに関しては、危険性を心配するべき症状ではなく、むしろ効果の現れといっても過言ではありません。

1日1回1錠を、禁忌薬との併用を避けて正しく使用できていれば、危険性は特にありません。

医師から正規に処方されていれば、ちゃんと教えてもらえるので安心です。

危険性を伴うケースとしては、例えば持続勃起症です。

バイアグラは陰茎の勃起に効果的な薬ですが、持続時間は4~5時間です。

ですが稀に、それを超えても治まらない場合があるそうです。

勃起が活発なのは良いことですが、24時間をも越えるとなると、勃起障害のリスクにも繋がります。

そしてもう一点、狭心症についても懸念しておくべきです。

血流がスムーズになることで、冠動脈の血流が不足しすぎると、心筋が酸欠になりこの症状を引き起こします。

持続勃起症含め、こうした重い症状が見られたら、すぐ医師へ相談するようにしましょう。

特有の作用ってどんなもの?

バイアグラ登場以前にも、EDを改善へ近づけるための薬は多く存在しました。

ですがいずれも、栄養面や性欲といった部分を刺激する存在であったため、改善の確率はそこまで高くありませんでした。

そんな中登場したバイアグラには、勃起機能を根本からサポートする作用が期待できます。

そのため、世界的に注目集める存在となったのです。

バイアグラの有効成分は、シルデナフィルです。

この成分は、勃起抑制酵素を阻害し、さらに血行促進へ働きかけます。

陰茎は、内部の海綿体に充分な血液が充血することで起こる現象なので、シルデナフィルの作用はまさにED改善の上で理に適ったものだったのです。

この特徴で嬉しく感じられるのが、ED改善の有効性に加え、危険性も少ないことです。

そもそも人体が持つ勃起のメカニズムを大きな負荷なく促進するため、効き目の強い薬でありながら、副作用の発現率が低いです。

前述に挙げた重篤ケースは極めて稀なので、基本は安心して活用しやすい薬となっています。

使用法や副作用への意識だけを欠かさず持ち、有効に役立ててみてはいかがでしょうか?

(まとめ)バイアグラの使用に危険性はある?

1.薬自体は安全ですが注意を怠ることで危険性に繋がる場合もあります

バイアグラは、日本でも国の機関に承認された上で展開されており、安心感を得られます。

ですが注意点を怠った場合に関しては、副作用の発現も懸念しなくてはなりません。

いくつかの注意点だけ守り、安全に活用できるよう心がけてください。

2.日本でどのように展開されているの?

バイアグラは、1998年にアメリカで開発販売され、翌1999年より日本でも展開されているED改善薬です。

厚生労働省認可の上販売されているので、医師処方の上購入することができます。

これは危険性を低減する上で、嬉しい特長といえます。

3.バイアグラの使用で気をつけるべき点について

バイアグラは、1日1回1錠を、禁忌薬との併用を避け服用する形で使用します。

充血やほてりが副作用として多く見られますが、これは特有の傾向なので特に気にする必要ありません。

持続勃起症・狭心症の兆候が見られたら、速やかに医師へ相談しましょう。

4.特有の作用ってどんなもの?

バイアグラ登場が大きな話題となった理由には、独自の有効性が挙げられます。

有効成分シルデナフィルが、勃起のメカニズムへ理に適った作用を促すため、安全かつ的確な効果を実感しやすいのです。

副作用の発現率も少なく、安心して利用しやすいです。

EDの治療は専門クリニックにご相談ください!

EDの悩みは専門医に相談するのが
最も効果的です。

医学根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。