バイアグラのQ&A

 

個人輸入品のバイアグラは安全?

 

個人輸入品のバイアグラは危険です

4589b40b9674
個人輸入されたバイアグラの流通ルートは、主にインターネット上です。

ネットを介した取り引きは、相手の顔が見えないため、あらゆる不安が伴います。

場合によっては、質の低い薬により副作用を引き起こすケースも見られるほどです。

実際にそうした被害は多数起こっており、バイアグラに関連した公式な機関が共同で注意を促しているほどの問題ともなっています。

ただの噂ではなく、世界的に問題視される状況ともなっているので、かなり危険性は高いといえます。

ですが、医療機関を通して購入する分に関しては、そうした心配も大きく低減されます。

従来にない仕組みが、ED症状の改善に大きく役立ってくれます。

注意点だけ押さえ、安全に活用できるよう心がけて下さい。

ネット通販での購入にはどのような危険が伴うの?

バイアグラのネット通販を行う個人輸入業者は、少なくないのが実際のところです。

ひとたび関連ワードで検索をかければ、多くのショップサイトがヒットするようです。

もちろん、中には本物をしっかり販売してくれるケースもあるかもしれません。

ですが、どの個人輸入業者が良質でどこが悪質と見極めるのは、容易でありません。

そのため、価格の安さや入手の手軽さがメリットに感じられても、利用は危険といえるのです。

悪質業者の特徴としては、例えば個人輸入を謳っておきながら、個人製造しているケースです。

中にはワンルームの一室を借り、簡易的な設備を用意し、ほとんど知識を持たない素人が製造販売しているといった事例もあったそうです。

成分的に不安感じる上、衛生環境もまったく信頼できません。

この場合、ED改善に繋がるかはもとより、副作用や感染症へも懸念が持たれます。

また実際に個人輸入している場合でも、非正規業者が製造した粗悪品であるケースや、使用期限の切れたものなども考えられます。

いずれにおいても、インターネットを介したものはおすすめできません。

手を出さないよう、注意しましょう。

世界的に問題視されてるってどんな風に?

de23e88ffc45a
個人輸入品のインターネット購入が危険であるといえる理由は、世界的にも注意が促されているためです。

日本の厚生労働省が、バイアグラを開発販売するアメリカの大手医療会社から、正規にジェネリック品を製造展開する同アメリカの別会社、ドイツの企業、さらに国内の大手医療メーカー計4社と、共同で注意喚起に力を注いでいます。

国の機関、そしてバイアグラの製造元までもが乗り出す事態となっていることから、重大性を窺えます。

このような状況となっている背景には、偽造バイアグラの健康被害増加が関連しています。

ちなみに調査の結果、ネット流通品の約57%が偽造品と判断されたそうです。

またそもそも、バイアグラが登場した当初から、個人輸入は危険視されていました。

1998年にアメリカの会社で開発された後、翌年1999年早速厚生労働省認可の上国内販売が開始されたのは、認可以前より個人輸入する人が多く、被害が多かったためです。

こうしたことからも、個人輸入品はまず安全利用に適さないということが分かります。

大きな危険が伴うので、避けるよう気をつけてください。

医療機関からの処方が安全である理由って?

前述の通り、医療機関で正規に処方されるバイアグラは、厚生労働省が認可した薬です。

世界的に見ても高い安全基準を有する日本で認められた薬なので、安心感が感じられます。

また病院等で受け取る形は、薬そのものの安全性以外にもメリットが伴います。

特に嬉しいのが、持病との兼ね合いについてです。

バイアグラは有効成分シルデナフィルによって、血管を拡張させることでED症状の見られる陰茎を勃起状態へといざないます。

これにより、従来になかった効果が期待できるのですが、半面、血管は全身に巡っているため、他の病気に影響することも懸念されます。

例えば、狭心症や心筋梗塞、血圧関連の症状などです。

場合によってはバイアグラ服用が適さなかったり、併用薬の関係で副作用が出たりする恐れもあります。

その点、病院で診察の上入手する場合は、こうした危険性も踏まえて処方の検討や服薬指導をしてもらえます。

本物のバイアグラがちゃんと受け取れ、さらに安全面も考えた対応をしてもらえます。

安全に入手したいと考えるのであれば、病院等の正規医療機関を利用して損はないといえます。

(まとめ)個人輸入品のバイアグラは安全?

1.個人輸入品のバイアグラは危険です

個人輸入品は、主にインターネットを介して取り引きされるので、安全性が保証されません。

実際に被害も少なくなく、公式な機関が注意喚起をしているほどです。

医療機関で処方してもらい、安全に活用できるよう心がけましょう。

2.ネット通販での購入にはどのような危険が伴うの?

バイアグラの個人輸入業者は、インターネット上に複数確認できます。

本物を入手できる場合もあるかもしれませんが、良質店と悪質店の見分けは至難の業です。

中には、偽造品、粗悪品を売る業者も少なくないそうです。

利用しないよう気をつけましょう。

3.世界的に問題視されてるってどんな風に?

厚生労働省はじめ、アメリカに所在を置くバイアグラの製造元、その他正規ジェネリック品製造元などが、共同で個人輸入品購入に関する注意喚起へ力を注いでいます。

そういった状況も踏まえた上で、個人輸入品購入の危険性は高いと捉えておきましょう。

4.医療機関からの処方が安全である理由って?

病院から処方してもらえる場合に関しては、本物のバイアグラを手に入れられる確率は極めて高まります。

またさらに、持病と兼ね合いで副作用が懸念されるケースでも、専門医を通じた処方は安心感が持てます。

安全に関する、複数のメリットが期待できます。

EDの治療は専門クリニックにご相談ください!

EDの悩みは専門医に相談するのが
最も効果的です。

医学根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。