バイアグラのQ&A

 

バイアグラに注意すべき飲み合わせってあるの?

 

他の薬との飲み合わせには注意が必要です

364b61a4255de
バイアグラのような服用薬を使用する際の飲み合わせについては、二つの場面が考えられます。

薬を飲むときの飲料か、それとも併用薬についてかです。

そして特に注意するべき存在としては、後者が挙げられます。

バイアグラは、薬の中でも併用禁忌薬が多い存在となっています。

飲み合わせ次第で、重病に繋がる恐れもあるほどです。

また、他の薬が原因となったEDは、バイアグラの効果が現れにくくなることもあります。

いずれにおいても、他の薬との飲み合わせは注意が必要です。

ですが基本的に、バイアグラは使用しやすい薬です。

飲料に関する飲み合わせは、ほぼ気にしなくて良いほどです。

わずかな注意点だけ押さえ、有効に活用してみてください。

何でバイアグラには併用禁忌薬が多いの?

バイアグラは、ED改善に効果が期待できる薬であるものの、一般的な精力剤や媚薬の類とは異なります。

特徴的な有効成分シルデナフィルの作用により、勃起抑制酵素を阻害し、さらに血管拡張の効果で血の巡りを良くします。

すると陰茎の海綿体に血液が行き届きやすくなり、さらに抑制酵素を防いでいるため、スムーズな勃起状態へと繋げられます。

そうした従来にない仕組みこそ、登場以降バイアグラが広く利用されている理由となっています。

栄養面や興奮面でなく、勃起機能を根本から改善するため、多くの患者が効果に期待を持てるのです。

ですが同時に、そうした特徴は併用禁忌薬の多さへも繋がっています。

血管に関連した薬が数多く存在するため、血管拡張作用を持つバイアグラは飲み合わせに気をつけなくてはならないのです。

血管を拡張すると血圧が下がるため、特に降圧剤関連は飲み合わせの適さないケースが少なくありません。

持病などに伴いどうしても併用しなければならない場合は、事前に医師と相談するよう心がけましょう。

バイアグラが効きにくい、薬を要因としたEDって?

51c2b06617dfd
一口にEDといっても、さまざまな原因が存在します。

加齢による自然なものから、心因的なもの、他の病気が影響したもの、そして薬の副作用によるものなど、あらゆるケースが存在します。

中でも飲み合わせに関して注意したいのは、薬を要因としたEDです。

高血圧やうつ病の薬が代表的で、使用と同時にEDを引き起こすケースもあるようです。

そしてそうしたEDに関しては、バイアグラが効きにくいという特徴が伴います。

飲み合わせそのものに危険は少なくても、正しい効果が得られにくいのは困りものとなってしまいます。

こういった状況を見極めるには、空腹時のバイアグラ50mg服用で判断できます。

空腹時という薬が効きやすい状態で、シルデナフィル容量の多い50mgタイプにもかかわらず効果が感じられないのであれば、薬を要因としたEDが考えられます。

バイアグラ処方で担当してもらった医師に相談して、改善法を検討してみてください。

場合によって、複数錠の服用や、他メーカーのED改善薬を勧められるようです。

とはいえ、自己判断は危険です。

かならず相談の上、実行するようにしましょう。

バイアグラの使用しやすさ感じられる特徴って?

バイアグラには、一般的な薬では珍しい嬉しい特徴が存在します。

それらを活かすことで、より便利なED改善薬として役立てられることでしょう。

まず一つに、飲む時間を選ばない点です。

朝昼晩、また食事と食事の間の時間帯など、いつでも使用が可能です。

ED改善の必要性が訪れるタイミングは人それぞれなので、ありがたい点といえます。

次に、服用後30~1時間という短い時間で効果発現に期待できる点です。

効果のタイミングをコントロールできるため、状況に合わせて使いやすいです。

そして最後に、服用に用いる飲料との飲み合わせです。

併用薬と異なり、こちらはほとんど適さないものが存在しません。

水やお茶、清涼飲料水、さらにはお酒でも飲むことが可能です。

この点もまた、あらゆる場面で使いやすい特長といえます。

注意点としては、1日1錠と飲める量が基本的に決められている点が挙げられます。

いつでも飲みやすいバイアグラとはいえ、何錠も飲まないよう気をつけてください。

血管拡張が過度に起これば、改善効果が強まるどころか、冠動脈の血流が不足し狭心症を起こす危険性まで高まります。

生死にすら関わるかもしれないので、気をつけましょう。

(まとめ)バイアグラに注意すべき飲み合わせってあるの?

1.他の薬との飲み合わせには注意が必要です

バイアグラは、他の薬との飲み合わせに注意すべき薬です。

副作用が出たり、また薬の併用がEDに繋がったりしている場合は、効果が現れにくくなるケースもあります。

安全な薬ですが、注意点は押さえた上で活用するようにしましょう。

2.何でバイアグラには併用禁忌薬が多いの?

バイアグラの有効成分シルデナフィルに期待できる主な効能は、勃起抑制酵素の阻害と血管拡張です。

特に併用禁忌薬と関連があるのは、後者の血管拡張作用です。

血管に関連する薬は多く存在するので、飲み合わせについて注意が必要なのです。

3.バイアグラが効きにくい、薬を要因としたEDって?

薬の副作用でEDになっている場合、バイアグラが効きにくくなりやすいです。

もちろん飲み合わせとしても適さないので、バイアグラ使用時は少し注意が必要です。

見極め方法や改善策などを提案してもらえるので、一度担当医に相談してみてください。

4.バイアグラの使用しやすさ感じられる特徴って?

バイアグラには、飲む時間帯を気にしなくて良い点、服用後すぐに効果実感が期待できる、あらゆる飲み物で服用できるなど、多くの飲みやすさ感じられる特徴が存在します。

ですが、1日1錠以上は基本的に飲めないので、用量にはくれぐれも注意が必要です。

EDの治療は専門クリニックにご相談ください!

EDの悩みは専門医に相談するのが
最も効果的です。

医学根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。