バイアグラのQ&A

 

バイアグラは食前と食後どちらに服用すべき?

 

バイアグラの服用は食前が理想的です

6f712b7643c8
まず一番理想的なのは、服用前後に食事を挟まない飲み方です。

できることなら、空腹状態を心がけてください。

ですがどうしても食事を挟む場合には、食前がおすすめとなります。

バイアグラの特徴に伴い、食中や食後の服用以上に効果が期待できるためです。

基本的に、バイアグラは食事との食べ合わせ・飲み合わせに関する危険が少ない薬です。

そのため食事内容に気を遣う必要は、あまりありません。

ところが食中・食後のタイミングで服用する場合は、これに限りません。

食事内容によって、効果を低減させてしまう不安が伴います。

またもう一点、他の薬と併用する場合に関しても、注意が必要です。

こちらに関しては、多くの禁忌薬が存在します。

タイミングとしては食前に、そして他の薬との飲み合わせに注意して飲むようにしましょう。

なぜ食前なら効果が食事に影響されないの?

バイアグラは経口で取り込む錠剤タイプの薬です。

青色のひし形形状が特徴的となっており、計10錠を1シートに収めた状態で処方されます。

経口であるということは、基本的に食事の通り道と同じ順序で取り込んでいく形となります。

このとき、食べた食事の内容物がお腹に溜まっていると、スムーズな吸収がしにくくなってしまいます。

逆に、より空腹状態に近ければ体内で吸収されやすく、届くべき場所に届くべき成分が行き渡りやすいです。

食前ならまだ食事を摂っていない状態なので、安心です。

理想的なタイミングとしては、食前30~40分前といわれています。

これは、バイアグラが吸収され効果を現すまでの時間と関係しています。

30~60分が目安なので、食後に性行為を考えているのであればちょうどいいタイミングでの効き目が期待できます。

またこうした特徴には、一度吸収されたらその後の食事に影響されないという点も関連しています。

食前に飲んでさえいれば、その後ある程度多めの食事を摂っても問題ありません。

水や清涼飲料水、お茶、さらにはアルコールでも飲めるので、朝昼晩あらゆる食事のタイミングで服用しやすいです。

食中・食後の服用でより効果が薄まるケース

9c3ea32d1e1d6
食前の服用が理想的と分かっても、何らかの理由でどうしても食中・食後に飲まなくてはならない場合もあると思います。

このような場合、前述の通り効果が薄まったり、また効果発現の遅れが出たりすることなどが懸念されます。

ですが、まったく効かない訳でもないので、効果を薄めてしまう食事を避け、より効きやすい状態で飲むよう意識するとよいでしょう。

食中・食後で効果が薄まるのは、例えば食事量が多いケースです。

胃や食道内が多くの食べ物で満たされていれば、吸収されにくくなってしまいます。

腹八分目、もしくはそれ以下に量を抑えるよう心がけてください。

次に、油ものが多い場合も効果の低減に繋がります。

揚げ物や中華のお店を利用する場合は、特に注意するべきです。

油分が少なめのメニューを選ぶようにしましょう。

そしてもう一点、乳製品もおすすめできません。

食べ物の通り道に膜を張る作用を持つため、同じく吸収を妨げてしまいます。

口臭の抑制や胃の保護に期待できる作用としても知られていますが、ことバイアグラ服用時には、適さない存在となってしまいます。

乳飲料や乳性の食べ物は、極力避けてください。

どうすれば併用禁忌薬を避けられるの?

併用禁忌薬とは、医療的にバイアグラとの飲み合わせが適さないと定められている薬です。

バイアグラは特にこの項目が多く、注意が欠かせません。

主には、塩酸アミオダロン製剤・硝酸剤・慢性血栓塞栓性肺高血圧症治療薬の各種が代表的です。

細かく分ければ数10種にも及ぶため、素人では把握が難しいです。

そのため禁忌薬を避けるには、専門医の助言が有効となります。

持病で通院している病院のかかりつけ医師、ED治療時に相談した医師どちらでも構いませんが、より正確なのはやはり両方の担当医に相談することです。

専門家の観点から、豊富な知識のもと注意を促してくれるでしょう。

併用した場合危険な理由としては、症候性低血圧を起こす可能性が高まるためです。

そもそもバイアグラ自体血圧低下に繋がる性質を持つため、効果を増幅させるような薬との相性が良くないのです。

場合によっては命にも関わるため、安易に捉えず、注意するようにしましょう。

ちなみに既に併用禁忌薬を飲んでいることが分かれば、そもそもバイアグラは処方されません。

(まとめ)バイアグラは食前と食後どちらに服用すべき?

1.バイアグラの服用は食前が理想的です

基本的に食事を挟まない形で飲むのが理想ですが、どうしても避けられないなら食前に飲みましょう。

食後の場合は、食事内容によって効果が薄まるケースもあります。

また併用する薬に関しても、注意が必要です。

安全に使用できるよう、気をつけましょう。

2.なぜ食前なら効果が食事に影響されないの?

空腹状態であればあるほど効きやすくなるので、食前の服用が理想的です。

一度吸収されれば、その後の食事には影響されにくいのでしっかりとした効き目が期待できます。

食事30~40分前に、好きな飲み物で服用してください。

3.食中・食後の服用でより効果が薄まるケース

食中や食後では、まったく効かないという訳でもありません。

食事量を腹八分目以下に抑えたり、油ものや乳製品を避けたりする工夫で、効果の低減を抑えることができます。

どうしても食前に飲めない場合は、こうした方法を取り入れてみても良いでしょう。

4.どうすれば併用禁忌薬を避けられるの?

バイアグラは、有効性に期待できる一方、併用禁忌薬が多い薬でもあります。

誤って併用すると、症候性低血圧の危険性が高まります。

あらかじめかかりつけの医師に相談して、併用を避けるよう注意してください。

EDの治療は専門クリニックにご相談ください!

EDの悩みは専門医に相談するのが
最も効果的です。

医学根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。