バイアグラやバイアグラジェネリックを処方してもらえる横浜のクリニックは?

ストレスはEDを誘発する要因のひとつ。職場にも家庭にも、ストレスの原因はたくさんあります。せめて治療のためクリニックに通院するときくらい、ストレスは少なく抑えたいですよね。

イースト駅前クリニック横浜院は、患者さんにストレスを感じさないための配慮やサービスが充実しています。
徒歩1分という駅近の好アクセス、土日祝日も休診せず、来院から処方まで最短8分とスピーディーな対応をしてくれるなど、患者さんが通いやすく、待ち時間を少ない環境づくりを徹底しています。
また、異性に知られたくない悩みですから、クリニックは医師、看護師などスタッフはすべて男性です。
肝心の診療内容も、ドクターが症状と経過を見ながら治療方法を提案してくれますし、お試しで1錠から治療薬処方も可能と、気軽に、安心して治療を続けられます。
また診察料、初診・再診料といった費用はいっさいかからず、支払うのは治療薬の処方料金のみ。これらの治療費をおさえる配慮がありますから、費用面の負担から気が重くなることもありません。

待たされる、通いづらい、お金がかかりすぎる…など、治療自体がストレスとなってはEDの治療も立ち行かなくなります。でも気配り満点のイースト駅前クリニック横浜院なら、ストレスなく治療に専念できますね。

\詳細はこちら/

ストレスなしのED治療
イースト駅前クリニック横浜院

横浜の専門クリニックに相談してみよう!

横浜にお住まいの方は、平均して通勤時間が長いと言われています。通勤ラッシュによる混雑の中、長時間の移動というのはそれだけで相当なストレスになるもの。ストレスはEDを引き起こす大きな要因ですから、EDの悩みを抱えやすい環境であると言ってもいいでしょう。実際、横浜にはED専門のクリニックが多く存在しています。
そこで、ED専門クリニックではバイアグラがどのような流れで処方されるのか、横浜でおすすめのクリニックはどこなのかなど気になる情報をまとめてみました。

横浜のクリニックでバイアグラを処方してもらうまでの流れ

日本でもED治療薬として認知度の高い「バイアグラ」。実は、専門のクリニックではわずか10分程度で処方してもらうことが可能なのです。では、簡単に処方までの流れを説明していきましょう。

受付

初診の場合は、まずその旨を伝えましょう。保険証を提示する必要はなく、来院前の予約も不要なクリニックが多いようです。

問診

問診票を記入。その後、記入した問診票を元に医師による直接の問診が行われます。おもにバイアグラの説明や血圧測定が中心で、触診は行われません。ここで、持病や服用中の薬があれば確実に伝えましょう。

処方

問診後、必要な分のバイアグラを処方してもらい会計をして完了です。院内処方をしているところが多く、処方箋を持って薬局まで行かなければならないことはほとんどありません。

上記はあくまでも一例ですが、基本的にはどこのクリニックでも同じような流れでしょう。風邪をひいて病院で診てもらうよりも簡単ですよね。
事前の予約も保険証も必要なく、医師による問診は5分程度。WEB上で問診票をダウンロードできる場合もあり、ダウンロードして事前に記入したものを持参すれば、さらに時間を短縮することができます。医師だけでなくスタッフも全員男性であるクリニックも増えていて、精神的な負担はかなり少ないです。

バイアグラジェネリックを希望する人も増えてきている

最近よく耳にする「ジェネリック医薬品」、皆さんはご存知でしょうか?バイアグラにもジェネリックが存在し、それを選択する人は多いです。では、なぜバイアグラジェネリックが選ばれるのでしょう。バイアグラジェネリックがどういったものであるのか、どのようなメリットがあるのかを紹介していきます。

バイアグラジェネリックとは何か

ジェネリック医薬品は後発医薬品とも呼ばれ、先に発売されていた新薬の特許が切れたタイミングで販売されるものです。有効成分や効果は新薬とほとんど同じでありながら、2割~7割ほど安く手に入れることができます。すでに安全性や効能が確立され、広く一般的に使用されている薬がジェネリック医薬品となるので、安心して服用できるでしょう。
日本ではバイアグラは2014年5月に特許が切れており、現在複数のバイアグラジェネリックが販売されています。それに伴って、新薬であるバイアグラだけでなくバイアグラジェネリックを取り扱うクリニックも増加中。新薬と効果にほとんど差がなく低価格で購入できるので、費用を抑えたい方にはおすすめです。

日本製と海外製のジェネリックの違い

バイアグラジェネリックは多くの製薬会社が製造しており、日本製のものもあれば海外製のものもあります。何か違いがあるのかというと、特にはないです。
ただし、海外製のバイアグラジェネリックは日本国内において「正規ルート」というものが存在しません。そのため、医療機関で取り扱われることはまずないです。個人輸入では取り扱いがありますが、効果のない偽物が多く出回っているようですので、あまりおすすめしません。
もちろん、偽物ではないバイアグラジェネリックであれば、海外製のものでも日本製のものと効果に差はないでしょう。

インド製バイアグラジェネリック

海外製の中でも、特に多く見かけるのがインド製のバイアグラジェネリック。インドでは改正法が異なっており、国際特許が切れる前から合法的にジェネリックの製造が行われていました。さらに、特許権を持つ製薬会社へ実施料を支払うということもしているので、訴訟が起こされることもありません。インド国内では法律を守って製造された正規品、インド国外ではコピー版のバイアグラとして扱われているようです。
ここで、インド製バイアグラジェネリックをいくつか紹介していきます。

カマグラ

アジャンタ・ファーマ社というインドの製薬会社によって製造・販売されているもの。バイアグラと同じくシルデナフィルを有効成分とし、空腹時に服用することで効果を発揮します。同じカマグラでも様々な剤形のものが存在し、発泡剤タイプやゼリータイプなどから好きなものを選べるのが特徴。ただし、剤形によって製法や体への吸収のされ方が異なるので、効き目はバイアグラとは異なると思っておきましょう。

ペネグラ

インドのザイダス・カディラ社が製造・販売しています。世界60か国以上に渡り、公的機関の許可を得てジェネリック医薬品を販売している製薬会社なので、信頼度はかなり高いです。ただし、個人輸入などでは偽物のペネグラが多く出回っている様子。確実に本物のペネグラを購入するには、インド国内の医療機関で処方を受ける必要があります。

シラグラ

シプラという製薬会社にて開発されたもの。日本では許可されていない医薬品なので、インドで購入するか個人輸入でなければ手に入りません。1錠あたり150円~300円と低価格なので魅力的ですが、やはりこれも個人輸入では偽物が多く出回っています。偽物による健康被害も出ているようですので、インド国内の医療機関以外での入手以外は避けた方がいいでしょう。

インド製バイアグラジェネリックには、日本製とは違う魅力があります。また、本物であれば安心して服用できるものがほとんど。ですが、日本国内において確実に本物を購入するのは不可能に近いでしょう。

これはほかの海外製のものにも同じことが言えます。必ずしも偽物であるというわけではありませんが、健康被害が出てからでは遅いです。偽物を購入しないためにも、日本で正規ルートのない海外製を購入しようとするのは避けた方が無難。日本製のジェネリックをクリニックで処方してもらうのが、安全性と低価格を両立できるおすすめの方法です。

横浜でおすすめのクリニックをピックアップ

ここで、横浜にあるED専門クリニックの中で、おすすめのところをいくつかピックアップしていきます。

イースト駅前クリニック 横浜院

スタッフが全員男性なので通いやすいです。来院前の予約は必要ありません。

住所 神奈川県横浜市西区南幸1丁目13-10 第2ニューヨコハマビル3F
最寄り駅 横浜駅より徒歩1分
休診日 無し
診療時間 月 火 水 木 金 土 日 祝
午前 10:00~14:30 10:00~18:00
午後 15:30~20:00

浜松第一クリニック 横浜院

昼休みを設けていないため、仕事の休憩中に行ってきてしまうことも可能。予約の必要もありません。

住所 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-19-4 神谷ビル4階
最寄り駅 JR横浜駅 きた西口より徒歩3分
休診日 年末年始
診療時間 月 火 水 木 金 土 日 祝
午前 10:00~18:00 10:00~16:00
午後

今回紹介した2院は、いずれも診察料が初診・再診ともに無料です。用意しなければならないのは薬代のみで、その薬は1錠からの処方が可能。気軽に通うことができます。

横浜のクリニックは通いやすさバツグン!一人で悩まず相談しよう

バイアグラやバイアグラジェネリックは、現在ネット通販でも簡単に購入できるようになっています。ですが、初めて服用される方が自己判断だけで購入・服用するのは大変危険な行為。体質や服用中の薬との飲み合わせなどを考えて服用すべきですので、必ず専門のクリニックへ足を運び医師による問診を受けましょう。
また、専門のクリニックでは当然正規ルートで流通している薬が処方されるので、出回っている偽物を避けるという意味でもクリニックに行く方がいいです。

ED専門のクリニックでは触診はありませんし、処方に必要なことを問診する以外に余計なおしゃべりをするような医師はほとんどいません。思っている以上に通いやすい環境となっていますので、まずは相談しに行ってみましょう。選択肢が豊富な横浜エリアなら、きっと最適なクリニックが見つかるはず。