レビトラのQ&A

 

レビトラはコーヒーで飲んでもいい?他の注意点は?

 

水以外で飲んでも問題はありません


薬を飲むときには基本水、というのが普通です。

多くの方は水で薬を服用していると思いますが、たまにジュースやコーヒーで服用する方もいます。

レビトラのような勃起不全治療薬をコーヒーやジュースで服用してもいいのかということですが、これは基本的に問題ないようです。

レビトラは水はもちろん、コーヒーやその他のジュースで服用しても正しい効果を得ることができると言われていますから、わざわざ水を用意するようなこともありません。

手元にあるペットボトルのお茶や缶コーヒーで手軽に流し込むことができる、というのはひとつのメリットだといえるでしょう。

ただ、お酒でレビトラを服用する場合には少々注意が必要となりますから気を付けてください。

お酒で飲むのはおすすめできません

お酒で風邪薬や鎮痛剤を飲んで気持ち悪くなってしまった、副作用が出てしまった、という方もいるかもしれませんが、基本的に薬は水で飲むのが一般的です。

お酒にはアルコールが入っていますし、そのアルコールによってさまざまな弊害が引き起こされることもありますから注意しましょう。

レビトラは水以外のさまざまな飲料で服用しても問題ないと言われていますが、お酒で服用する場合だけは少々注意が必要となります。

とくにあまりお酒が飲めない方、弱い方の場合だと一気に酔いが回ってしまう可能性があります。

レビトラのような勃起不全治療薬は血管を広げる作用があり、それによって血流が良くなります。

つまり、レビトラを服用することによって血流が良くなったことでアルコールが一気に体にまわってしまうということになります。

また、お酒が強い方でも注意が必要です。

いくらアルコールに強いからと言って飲み過ぎてしまうと、今度はレビトラの効果が半減してしまうことにもなりかねません。

いつも通り勃起しない、というケースも考えられますので注意しましょう。

レビトラにも副作用があります


薬に副作用はつきものです。

西洋医学に基づいて製造されている医薬品のほぼすべてにおいて副作用があると言われていますし、勃起不全治療薬であるレビトラにも副作用はあります。

代表的な副作用としては、顔のほてりや目の充血、頭痛、動悸、鼻づまりなどの副作用が挙げられます。

血管を広げる作用があるため顔のほてりや目の充血は起こりやすく、レビトラを服用した方のほとんどがこれらの副作用に直面します。

ただ、こうした副作用はレビトラだけに限った話ではなく、他の勃起不全治療薬でも似たような症状が起こります。

レビトラだけが特別ではないということです。

また副作用の現れ方は人によって大きく異なりますし、人によってはほとんど副作用がない、感じないという方もいます。

逆に副作用の症状が顕著に出る、出やすいという方もいますから覚えておきましょう。

薬が効いているときだけ副作用が生じることが多いのですが、稀に治まらないこともありますから、その場合は医師に相談したほうが良いでしょう。

いつ服用しても良いわけではありません

医薬品である以上、いつ服用しても大丈夫ということはありません。

病院で薬を処方してもらったことがある方なら分かると思いますが、薬についての説明書きに「食後」や「食前」、「症状が出たとき」など服用するタイミングについて記載してあると思います。

基本的には薬ごとの用法に従って服用してください。

決して自分の好きなタイミングで服用して良いというわけではありません。

では、レビトラの場合はどうなのかというと、性行為の1時間ほど前に服用することが基本です。

レビトラは比較的即効性のある勃起不全治療薬として知られていますし、早ければ服用して20分ほどで効果が現れることもあります。

またレビトラは食事の影響も受けにくいと言われているものの、やはり空腹時に服用するのと食後に飲むのとでは効果の出方も変わってきます。

きちんと効果を得たいのならなるべく空腹時を狙って服用したほうが良いでしょう。

空腹時ならレビトラの有効成分をきちんと吸収できますし、正しい効果を得ることができます。

食事をしたい場合は食前の30分ほど前に服用しておくことをおすすめします。

(まとめ)レビトラはコーヒーで飲んでもいい?他の注意点は?

1. 水以外で飲んでも問題はありません

レビトラはコーヒーやジュースで服用しても効果は得られると言われていますから、とくに気にしなくても問題ありません。

ただ、アルコールで服用するときには少々注意したほうが良いでしょう。

2. お酒で飲むのはおすすめできません

お酒が弱い人だとレビトラの血管拡張作用によって、酔いが急激に回ってしまう恐れがあります。

また、単純にお酒の飲み過ぎによってレビトラの効果が半減することもありますから注意しなくてはなりません。

3. レビトラにも副作用があります

レビトラも医薬品である以上、副作用はあります。

顔のほてりや目の充血がもっとも代表的な副作用ですが、こうした副作用は個人差が大きいため人によってはまったく起きないということもあります。

4. いつ服用しても良いわけではありません

レビトラの効果を最大限得るには空腹時がもっとも適切です。

食事の影響があまりないとも言われていますが、実際には多少なりとも影響はありますから、なるべく空腹時を狙ってレビトラを服用したほうが良いでしょう。

EDの治療は専門クリニックにご相談ください!

EDの悩みは専門医に相談するのが
最も効果的です。

医学根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。