レビトラのQ&A

 

レビトラは高血圧でもED改善効果に期待できる?

 

程度により服用は可能ですが、効きにくい場合もあります


多少の高血圧であれば、レビトラの使用が可能です。

ですがその場合、少し効きにくくなる可能性もあります。

これはレビトラの作用機序に由来するもので、効きが弱い、さらにまったく効かないと感じることもあるかもしれません。

とはいえ、万が一こうしたケースに困らされても、ある程度状況を改善ことが可能です。

薬の選び方や使用時におけるコツを用いて、より効果が期待できやすくなります。

ですがそうした工夫も、できる限り医師に相談した上で行うことをおすすめします。

より的確な方法を講じてもらえるほか、危険性も回避することに繋がります。

高血圧の場合、程度によってはレビトラ使用が適さない可能性もあるためです。

なんで効きにくい、効かないと感じる場合があるの?

レビトラは、有効成分バルデナフィルの作用によって勃起を促す薬です。

勃起のメカニズムである、血流促進による陰茎の充血をサポートするため、健康時同様ともいえる自然な勃起が期待できます。

そしてこのとき体内体内で起こっているのが、血圧の降下です。

自然な血流促進が難しい状態を、バルデナフィルによる降圧作用で補っているのです。

そこでポイントとなる点が、平常時の血圧状態です。

正常な血圧であれば、レビトラの効果により理想的な血圧まで下げやすいですが、高血圧の場合は元が高いため、下がりきらない可能性もでてきます。

これこそが、高血圧時のレビトラ服用が適さない理由です。

効きにくい、もしくはまったく効かないといったケースもあるかもしれません。

レビトラは、服用後比較的素早い効きめに期待できるタイプなので、30分~1時間経っても効能を実感できなければ、その状況も疑うべきかもしれません。

血圧の測定や、医師へ相談するなどして対策を練るべきです。

効きにくい状況を改善する方法って?


高血圧気味で効きにくい状況を改善する方法は、いくつか存在します。

手軽かつ安全に試せるものも多いので、まずは検討してみてください。

まず一つに、服用する際の食事を工夫する方法です。

レビトラはED改善薬の中でも食事が影響しにくい薬であるものの、まったく問題ない訳でもありません。

やはりより成分がスムーズに吸収できるのは、空腹時の食べ物が溜まっていない状態です。

そのため、まず空腹状態での服用を試してください。

次に、レビトラの種類を変えてみるという選択肢です。

同じレビトラでも、含有しているバルデナフィル量により、5mg・10mg・20mgの3タイプが存在します。

もし現在10mg以下のタイプを使用しているなら、最大量である20mgを検討してみてください。

より効能や効果時間に期待できます。

またもう一点、適度なお酒を飲むという方法も一つの手です。

過度なお酒は逆効果ですが、適度ならリラックス効果によってレビトラの作用を後押ししてくれます。

スムーズに興奮状態を手に入れることで、理想的な勃起が期待できます。

医師に相談することのメリット

個人である程度の服用は可能ですが、より安全かつ確実な方法を考えるのであれば、やはり医師への相談がベストです。

これにはいくつかのメリットが伴うので、より有効とも感じられるかもしれません。

例えば、医療の観点における対策を講じてもらえる点です。

高血圧症状に関する診断書や独自の検査を踏まえ、より的確なアドバイスをしてくれるかもしれません。

どうしても効きにくい場合は、医師指導のもと2錠服用を許可してくれる場合もあるようです。

次に、重篤な副作用を未然に防げる点です。

高血圧といっても度合いはさまざまで、軽度のものから一定値を超えた危険な状態まで幅広いです。

危険値に達している場合は、効きにくいどころか、重大な副作用へ繋がってしまう場合もあるので、使用自体適さなくなります。

そうした、個人では判断しにくい状況も的確に教えてもらえます。

また、もしインターネットなどを通し個人輸入代行品を使っている場合、偽造薬でないか調べてもらえる点も嬉しいメリットです。

使用法を守っているにもかかわらず効かないのであれば、もしかすると、そもそもバルデナフィルが含有されていない偽物かもしれません。

病院であれば本物を処方してもらえるため、しっかりとした効き目に繋げられます。

このように、病院で医師へ相談することは、さまざまなメリットを伴います。

安全面、確実性の両面にこだわるなら、病院を訪れることに越したことはないでしょう。

(まとめ)レビトラは高血圧でもED改善効果に期待できる?

1.程度により服用は可能ですが、効きにくい場合もあります

多少の高血圧ならレビトラ服用は可能ですが、効きにくい、さらには効かないと感じる場合も懸念されます。

ですがこれらは工夫により、ある程度状況を改善できます。

とはいえ危険を伴うこともあるため、できる限り医師相談の上で対策するようにしましょう。

2.なんで効きにくい、効かないと感じる場合があるの?

レビトラは、血圧を下げて血流促進し、勃起へと働きかける薬です。

ですが高血圧の場合は、元が高いので理想的な数値まで下がりにくいケースも懸念されます。

これにより、効きにくい、効かないといった状況が起こりやすくなってしまうのです。

3.効きにくい状況を改善する方法って?

多少高血圧寄りである程度なら、個人の工夫により効かない状況を解消できる場合もあります。

たとえば、空腹状態での服用や、有効成分量がより多いものを選ぶ、また適度なアルコール摂取などです。

効きの実感できる可能性が、高まります。

4.医師に相談することのメリット

どうしても効きが得られない、また個人での対策に不安を感じるなどあれば、医師へ相談する方法は何よりとなることでしょう。

医療的観点からの的確なアドバイスや、健康面の管理、また偽造薬に関するアドバイスなどをしてもらえ、安心感が得られます。

EDの治療は専門クリニックにご相談ください!

EDの悩みは専門医に相談するのが
最も効果的です。

医学根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。