ED全般のQ&A

 

EDになる人の平均年齢はどれぐらい?

 

40代から50代の方がなりやすいと言われています


EDになる人は年齢に関係なく、誰でも症状が出る可能性はあります。

その中でも平均年齢で見ると40代後半から50代前半の方が、特にEDになりやすいです。

この年齢の方は、会社員であれば所謂中間管理職に該当する方々であり、多くの勃起不全を引き起こす要因を持っています。

それは、男性の更年期障害によるものや、仕事上で増えていく責任やプレッシャー、更には職場や家庭でのストレスなどです。

1つの要因のみならず、複数の要因が重なって症状が出ることもあります。

そして平均年齢でみると40代や50代の次には、平均年齢だと30代、60代、20代と続きます。

また1度EDになると、次も勃起しても萎えてしまうのではないかという不安感もEDを誘発する原因となることも、40代以降に患者が多い原因といえます。

年代によってよく見られる症状に違いがあります

EDの原因としては、心理的要因、身体障害、その2つの複合型などと原因が分類されますが、必ずしも特定の年齢に偏っているとは限りません。

加齢と共に生活習慣病にかかるリスクが高まり、動脈硬化が進行し、勃起機能も衰えていきます。

クリニックにEDで訪れる人を見ると、最も多い年齢は40代と50代であり、訪れる人の半数以上となります。

この年齢になると仕事でも重要な地位に就き責任が大きく、仕事やその他の日常でもプレッシャーやストレスが自然と多くなるので、EDにもなりやすくなります。

そしてその後に30代、60代、20代と続きます。

症例別に見ると、20代では緊張で上手くいかないことが多く、30代からは中折れの悩みが増え、40代50代になると中折れの悩みがほぼ半数を占めます。

60代になると中折れよりも硬さが足りない、最初から勃起しないという悩みも増えてきます。

70代の方になると、実際にはEDになっていても、年齢だからと諦める方や、処方薬の存在を知らないようなケースも多いです。

EDのリスクを高める要因はさまざまです


勃起は陰茎になる海綿体に血液が送り込まれることにより、陰茎に血液が充満し硬くなり勃起します。

勃起を維持していくためには陰茎に血液が送りこまれ、その状態が保たれていることが前提となります。

このために、血管やそれに伴う神経の役割はとても重要です。

しかしEDになると、さまざまな原因で血液が溜まらなくなり、勃起しなくなります。

血管障害や神経障害を招くようなことや、高血圧や糖尿簿湯や喫煙のように血管にダメージを与えるものは、EDの大きな原因となります。

また高齢になるほど動脈硬化のリスクも高まり、EDにもなりやすくなります。

加齢にともなう男性ホルモンの低下も動脈硬化を促していると言われています。

注意すべき事は生活習慣病であり、これらは高血圧や糖尿病を誘発することもあり、その結果として病気を原因とするEDになる可能性もあります。

EDは脳卒中などと違い、少しの血管のダメージでも引き起こりやすいので、日頃から生活には注意すべきです。

年齢と共に射精の快感も衰えると言われています

加齢と共に勃起しにくくなるということはあり、その他にも射精に関する衰えも同時に起きてきます。

射精時の精液の飛距離が短くなるというのは、よく聞く話です。

精液の量が少なくなると言う方もいます。

そしてもう一つ、加齢と共に射精時の快感も、次第に薄れていくという悩みを持つ方も多いです。

このようなことの原因としては、やはり陰茎周辺の神経の衰えというものがあり、それ以外には性行為に対する欲求が高くなるという心理的なものも関係してきます。

最初に食べた料理は美味しく感じるものの、同じ料理を食べると味覚が麻痺していき、美味しく感じられないという現象と同じようなことです。

どうしても人間は慣れというものと麻痺するということがあります。

年を重ねると味覚が衰えるのと同じように、性交時の快感も衰えていってしまいます。

このような時は、EDに対するよい治療薬を見つけて、それにより自信を付けて年齢に対するハンデを克服するのが、良い性生活を送る道です。

(まとめ)EDになる人の平均年齢はどれぐらい?

1.40代から50代の方がなりやすいと言われています

EDは年齢に関係なく誰でもなるような症状ですが、その中でも40代前半から50代後半の方がなりやすいです。

このような年齢の方は、仕事で重要な地位につき、ストレスやプレッシャーが多くなるので、EDになりやすいのです。

2.年代によってよく見られる症状に違いがあります

EDになる方としては、40代や50代の方が多いですが、その他の年齢の人もEDになります。

原因は年齢にかかわらず、人によって異なりますが、症状については年代ごとの傾向があります。

3.EDのリスクを高める要因はさまざまです

EDになる要因としては、血管の状態が関係してきます。

そのために血管にダメージを与える生活習慣病はEDのリスクを高め、高血圧や糖尿病も大いに注意しないとなりません。

4.年齢と共に射精の快感も衰えると言われています

年齢を重ねると勃起しにくくなるということはありますが、同時に射精の快感も少なくなる人も多いです。

これはどうしても神経が衰えたり、麻痺してしまったりするために引き起こることです。

EDの治療は専門クリニックにご相談ください!

EDの悩みは専門医に相談するのが
最も効果的です。

医学根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。