ED全般のQ&A

 

ED生活習慣病の関係とは?

 

生活習慣病でEDが起きることがあります


生活習慣病は、不規則な生活やバランスの悪い食事や運動不足、喫煙などによって引き起こされます。

これはEDにも関係し、例えば高血圧を患えば血管へのストレスが増加し、血管自体が損傷を受けます。

これによって血管は硬くなり狭くなり、陰茎への血管へ流れる血液も少なくなり、勃起しにくくなるのです。

生活習慣病は高血圧を引き起こすこともありますが、それ以上に恐ろしいのが糖尿病です。

糖尿病になると、血管が硬くなって狭くなるのと同時に、性的に興奮をしても血管の膨張も妨げられます。

糖尿病になると、勃起に重要な陰茎の動脈が閉じるとも言われています。

このように生活習慣病はEDに大いに関係し、しかも生活習慣病は治療が困難な場合が多いので、日頃から気をつけて生活すべきです。

EDは男性にとって身近な病気です

EDは、Erectile Dysfunctionの略であり、勃起不全のことを言います。

この症状は勃起がまったく起きないというケースの他に、勃起状態が維持できないなどの満足な性交が行えない状態のことも言います。

したがって、ときどき元気がなくなるなどの、本人が勃起に関して満足が得られない場合もEDということになります。

実際には勃起に関して支障があっても、それは疲れているからやストレスが溜まっているからなどと、体調などのせいにしてEDだと気づかない人もいます。

しかしその原因は体調などではなくEDであるために、それを自覚しないと勃起不全はなかなか改善されません。

軽度のEDであっても、病気ではないため医師に相談するのは恥ずかしいと、治療を先送りする人も多いです。

そしてEDの大きな要因として血管の老化が関係していると思われます。

実際にEDになるような人は、高血圧や糖尿病などの生活習慣病やメタボリックシンドロームなどを合併している事が多く、血管を不健康にするような病気が関係しています。

日々の生活習慣のなかで、EDになる原因はあちこちに潜んでいます。

EDになる原因の1つが血管が不健康なことです


EDになる理由の一つとしては、血管が不健康であることが考えられます。

そのままの生活を続けていれば勃起不全のみならず、動脈硬化などの症状が進んでいき、より重篤な疾患が現われることもあります。

特にEDになっていると、高血圧などの症状を併発していることも多いのです。

勃起というのは、海綿体に血液が充満し、それによって勃起が引き起こります。

このために、勃起に関しては血液量と血管の状態が大いに関係し、それらが不健康な状態であったり、障害があったりすると、十分に勃起しない、勃起してもすぐに萎えてしまうなどの症状が現れます。

もしもEDに気づいたなら、早めに医師に相談して治療を始めるべきです。

本人のみならず、パートナーが気づく場合もあります。

特にパートナーとの営みというのは、二人の関係を円滑にする重要な役割もあり、それが出来ないとなると二人の関係にも影響を及ぼします。

早く治療を開始することは、自身の健康を守り、パートナーとの関係を守るのです。

ED防止のために下半身に良くない生活習慣を改善しましょう

生活習慣病とは、慢性的な喫煙や過度の飲酒、乱れた食事や不規則な生活やストレスの原因とする病気であり、高血圧や糖尿病や高コレステロール値症などを引き起こします。

そして最終的には心臓病や脳卒中や心筋梗塞にも繋がる、おそろしいものです。

このような生活習慣病は、動脈を硬くしてそこに流れる血液量を少なくします。

生活習慣病を患っていれば、勃起の時に男性器に流れる血液量は減り、EDの症状が出るのです。

脳卒中や心筋梗塞は血管に重大なダメージを受けたときに発症する病気ですが、EDはそれほど血管にダメージがなく、少しの異常であっても勃起がスムーズに起きなくなります。

生活習慣病では高血圧などよりも、初期に発症するのがEDなのです。

言い換えればEDや、勃起してもすぐに萎えてしまう軽度のEDであったとしても、それは高血圧や糖尿病への予兆である可能性もあり、ひいては心筋梗塞などにも繋がるおそれもあります。

日頃から不健康な生活は改善すべきであり、それはEDのみならず多くの病気を防ぐことにもなります。

(まとめ)ED生活習慣病の関係とは?

1.生活習慣病でEDが起きることがあります
生活習慣病とは、生活の乱れで引き起こる病気のことを言います。

その病気は血管にダメージを与え、勃起も血液が関係しているので、生活習慣病になるとEDになるような人もいるのです。

2.EDは男性にとって身近な病気です

EDは男性にとっては身近な病気であり、勃起不全になる方は多いです。

しかしそれはストレスなどが原因と症状を認めない方も多く、生活習慣病を誘発するおそれもあるので、早めに医師に相談すべきです。

3.EDになる原因の1つが血管が不健康なことです

勃起は血液が充満することによって引き起こりますので、血管が不健康だとEDになることもあります。

そしてEDは本人のみならずパートナーとの関係にも大きく関わる症状です。

4.ED防止のために下半身に良くない生活習慣を改善しましょう

EDは血管が比較的軽度のダメージを負っていても引き起こりやすく、やがて生活習慣病や脳卒中へ繋がる危険もあります。

もしもEDになったなら、恥ずかしがらずに早めに対処すべきであり、その一つが生活習慣の改善です。

EDの治療は専門クリニックにご相談ください!

EDの悩みは専門医に相談するのが
最も効果的です。

医学根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。