バイアグラのジェネリック医薬品に起こりえる副作用とは

バイアグラのジェネリックを使用したいという人の中には、バイアグラよりも強い副作用が出るのではないかと心配する人がいます。そこでバイアグラのジェネリックを使用した際に考えられる副作用や、副作用の実態を紹介します。バイアグラのジェネリックでどのような副作用が起こりえるのかを知って、バイアグラのジェネリックを使用すべきかをよく検討しましょう。

バイアグラのジェネリックに関する主な副作用

基本的にバイアグラとバイアグラのジェネリックは同じ効果効能をもつものです。そのためバイアグラにおいて考えられる副作用は、バイアグラのジェネリックにも起こりえると言えます。

バイアグラの副作用が起こる確率は高い

バイアグラの国内臨床試験において、157例中65例(41.40%)でなんらかの副作用、または検査数値の異常が認められています。「顔のほてり」や「目の充血」といった症状に至っては、バイアグラを服用した30~40分後にほとんどの使用者が自覚しています。
ただし、副作用の症状の程度には個人差があり、自覚症状が全くない場合もあります。発症率が高いからといって、副作用を理由に使用をあきらめるのは早計です。

副作用が起こるのは効果がある証拠

「顔のほてり」や「目の充血」といった副作用が起こるのは、バイアグラの成分が正しく作用している証拠でもあります。まず、バイアグラを服用すると全身の血行が促進されます。その反応のひとつとして頭部の血管が拡張があり、顔のほてり、目の充血、頭痛、鼻づまりを引き起こします。

顔のほてり

バイアグラの血管を拡張する効果によって、頭部の血行が良くなります。血行が良くなると、お酒を飲んだ時に似た顔のほてりを感じます。薬の効き目に伴う症状なので、バイアグラを飲んだ30~40分後に生じる傾向にあります。

目の充血

目の充血は顔のほてりと同様に生じやすい症状です。理由も同じで全身の血行促進に伴って起きるとされています。こちらもお酒を飲んだ際に生じるものと同程度で、性行為に支障を感じるほどの症状ではありません。バイアグラの作用が弱くなるにつれて、症状も徐々に治まります。

頭痛

脳の血管の周囲には、三叉(さんさ)神経という脳の神経があります。バイアグラの成分が脳の血管を拡張すると、血管が周囲の三叉神経を圧迫して頭痛を招きます。症状の程度にバラつきがあり、脈打つように痛むものから吐き気を伴うものまであります。

鼻づまり

鼻の内部は人間の身体の中でも、特に皮膚と血管が薄い部位で急激に血行が良くなると、出血を引き起こすことがあります。また出血に至らなくても、鼻の粘膜が充血することで鼻づまりを起こすこともあります。そのためバイアグラが作用している4~6時間は、鼻づまりなどの症状が出やすくなります。

めまい

バイアグラの効果により、全身の血管が拡張されると血圧は低下します。血圧が低下すると脳の血流量が下がり、フラフラとしためまいのような症状を引き起こすことがあります。ただし、このめまいは立ちくらみ程度にとどまるものばかりで、昏睡や失神につながる程度に悪化するケースは稀です。

バイアグラのジェネリックにみられた重大な副作用

続いては、バイアグラのジェネリックを使用して生じた重大な副作用について紹介します。次の3つは特に注意してください。

狭心症

バイアグラを服用すると血圧が急激に低下して、心臓に血液を送る動脈の血流が弱まります。そうすると、心臓の筋肉が酸素不足になって狭心症の引き金になります。狭心症を発症した場合、過度な血液低下を原因に死に至る場合も考えられます。脳梗塞や心筋梗塞を患ったことのある人や低血圧、高血圧、腎不全の人は、バイアグラの服用で狭心症を生じるリスクが高いため注意が必要です。使用できるか事前に医師に相談しておきましょう。

持続性勃起症

バイアグラの勃起の持続性には個人差がありますが、平均で4時間前後の間は勃起が維持されやすいとされています。ただし、勃起状態があまりにも長く続くと、性機能に悪影響を及ぼす可能性があります。勃起状態のまま通常に戻らない、または非常に戻りにくい状態を持続性勃起症といいます。
バイアグラによって生じる勃起は、陰茎内部に注がれた血液が溜まったまま膨張を継続することで維持されます。ところがこの時間が長くなると、陰茎内部の組織が傷ついて勃起障害につながる恐れがあります。24時間以上も勃起状態が継続すると、持続性勃起症になるリスクがあるので症状が現れた場合は、早めに泌尿科を受診する必要があります。

突発性難聴

バイアグラを服用した際に、突発性難聴の症状が現れたという報告があります。突発性難聴とは前触れもなく突然、音が聞こえにくくなる症状です。ほとんどの場合、両耳ではなく片側の耳だけに起こるとされます。耳鳴りや耳がふさがったかのような聞こえにくくなるのが特徴で、ひどいものでは目の回るようなめまいを訴える場合もあります。ただし、2018年現在、これらの症状とバイアグラの副作用の因果関係は判明していません。バイアグラの使用者は全世界に多くいるうえ、突発性難聴を訴える例も少ないため、使用の際に偶発的に発症したとみなす見解もあります。

ジェネリックの偽物による被害

偽物のバイアグラのジェネリックが蔓延している実態や、実際に報告された被害例を紹介します。

ネットで流通しているバイアグラの約4割は偽物

日経新聞の電子版に掲載された記事によると、ネット経由の偽造バイアグラが相次いで摘発されています。2016年11月24日に、ED治療薬を国内販売する製薬会社4社が発表した合同調査では、ネットで入手できる4割のED治療薬が偽造医薬品だったことが判明しました。
実際に入手した偽薬のサンプルを調べると、正規品が定める有効成分の最大用量を上回るものや、有効成分が全く含まれていないもの、正規品に含まれていない成分が配合されたものもありました。手軽だからといって、安易にネット販売のバイアグラを購入するのは大変危険です。

ED治療薬の個人輸入による被害例

国内外にとどまらず、ED治療薬の偽造品を使用した人の被害例を紹介します。

日本国内における偽造ED治療薬の被害報告

2011年4月に奈良県薬務課から、偽造ED治療薬による健康被害が報告されました。偽造ED治療薬を服用した男性が意識障害を起こして、病院に搬送された事例があります。また、因果関係を断定できないものの、偽造ED治療薬を所持していた男性が呼吸困難で死亡した例もあり、服用による健康被害が原因と目されています。

シンガポールにおける偽造ED治療薬の被害報告

偽造ED治療薬や精力剤の漢方を服用した男性が、低血糖による昏睡といった重大な副作用を起こしました。2008年5月現在、確認された症例は、偽造ED治療薬疑いのあるものを含めて127例で、そのうちに4例は死に至りました。4例中2例は偽造品であることが確認されています。

副作用を起こさない対策法

バイアグラのジェネリックを使用して、重大な副作用を起こさないための対策を紹介します。次の点を参考にしてください。

 

医療機関で正規品を購入する

正規品であるバイアグラのジェネリックは、国から正式に開発や販売の許可を受けています。しかし、市場で入手できるジェネリックがすべて安全というわけではなく、中には海外から輸入した偽造薬である可能性があります。
海外の通販サイトを利用したり、個人輸入代行を利用したりすると、偽造薬を入手する可能性が高くなります。偽造薬を使用すると全く効かない場合もあれば、思わぬ副作用を引き起こして命に関わる場合もあります。バイアグラのジェネリックは、信頼できる医療機関を通じて正規品を購入するようにしましょう。ちなみにバイアグラ以外のレビトラやシアリスといったED治療薬は特許が切れていないため、正規品のジェネリックというものが存在しません。安価に購入できるからといって手を出さないようにしてください。

医師の指示に従って正しく服用する

バイアグラは医師に指示されたように正しく服用しましょう。たとえば、早期にEDを改善したいという思いから、最大用量以上のバイアグラを服用する場合がありますが、用量を大幅に上回る服用は危険なので、医師から指示された量以上を服用してはいけません。
ちなみに海外の臨床試験では、最大用量を大幅に上回るバイアグラを投与したところ、低確率で発症した副作用と同様の症状が発生しました。副作用の発生確率と重症度は、バイアグラの投与量と比例して上昇していることがわかりました。その反面、最大用量を守った場合と、最大用量を大きく上回った場合を比べても、ED改善効果に大きな変化は認められませんでした。

まとめ

バイアグラとバイアグラのジェネリックは基本的に同じ効果効能をもつので、副作用の症状は同じで起こりやすさにも違いはありません。しかし、顔のほてりや目の充血といった軽度の副作用はほとんどの使用者が自覚するので、副作用に関する理解が必要です。副作用が起こるのはED改善効果が正しく現れている証拠でもあるので、軽度のものであれば効き目の合図くらいに捉えておいてください。ただし発症率は低いですが、副作用には狭心症や持続性勃起症といった症状もあるので、それらの副作用にはきちんとした対処をしなければいけません。
現在ネットで購入できるバイアグラのうち、約4割は偽物であるといわれているので、ネットでバイアグラやバイアグラのジェネリックを入手するのは危険です。偽造ED治療薬の使用による被害報告もあるので、医療機関で正規品を購入するようにしてください。バイアグラのジェネリックを使ったED治療は、専門の医療機関を利用して行ないましょう。

 

相談しにくい悩み。一人で抱え込まず、
安心できるクリニックを探してみてください

ED治療

おすすめクリニックはこちら