バイアグラジェネリックは続けやすい!ED治療で重宝される理由

バイアグラジェネリックは、通常のものと比べて敷居が低めなので使い続けやすいです。なぜ、手軽に使用できるのか、その秘密について迫ります。バイアグラジェネリックはどのような代物なのか、効果と副作用に違いはないのか、おすすめの購入場所など、気になる情報も含めまとめました。

バイアグラジェネリックとは何?

バイアグラジェネリックとは、どのような薬品なのか気になりますか。その説明に入る前に、冒頭でジェネリックとは何なのか、簡易的に触れます。

そもそもジェネリック医薬品とは何なのか?

ジェネリック医薬品とは、特許期間が満了した先発医薬品と成分・製造方法で生産、販売された医薬品です。しかも、特許で守られている間に安全性などが認められているため、品質などの検査項目が少なめに設けられています。そのため、無駄に開発コストや時間をかけずに製造できるメリットを持ち合わせています。

バイアグラジェネリックとは?

バイアグラジェネリックとは、通常のものと同じ「シルデナフィルクエン酸塩」という有効成分を使用した勃起不全治療薬です。最初に、バイアグラを開発したアメリカの製薬会社ファイザーが保有する特許は、日本で2014年5月に満了を迎えたため、他の製薬会社でも他のメーカー同様の成分と効果を有した医薬品の製造と販売が認められています。
日本国内では主に東和薬品、キッセイ薬品、あすか製薬、シオノケミカルなど、多数の製薬会社がバイアグラジェネリックの生産・販売に参入しています。そのため、今日に至るまで錠剤の形状や味など様々な種類のバイアグラジェネリックが販売されています。

通常のバイアグラとの違いは?

効果

バイアグラジェネリックは、基本的に通常のバイアグラと同じ効果がもたらされます。先ほども申し上げた通り、通常のものと同じ成分と製造方法で生産されているからです。シルデナフィルには、陰部の神経に作用し血管を拡張させ血行を促進する作用があります。血管を収縮させるPDE-5という酵素の働きを抑え、効率よく陰部へ血液を送り込みやすくします。また、バイアグラジェネリックは、通常のものと同じで性的な興奮を掻き立てる作用を発揮しません。

副作用

バイアグラジェネリックも、通常のものと同様の副作用が表れます。しかも、発症する確率も大差ありません。通常のバイアグラも、国内臨床試験で157例中65例(41.40%)で副作用、検査値異常が確認されています。しかし、副作用が起こる確率が高いからと、危険視するのは早いです。副作用で現れるのは、「顔のほてり」「目の充血」「頭痛」「鼻づまり」「めまい」などの軽度の症状が多いです。これらは、血管拡張による急激な血行促進によって現れます。また、症状が表れるのは薬を飲んでいる間だけです。効果が切れた後も、頭痛やめまいなどの症状は持続しませんので安心してください。

病院での処方が安全!

バイアグラジェネリックは、安全性を考慮して病院で処方を受けるのが妥当です。処方箋薬局なら、国内製造の薬を出してくれるからです。
病院での処方以外では、個人輸入や通販サイトでもバイアグラジェネリックを購入できます。医師の診断を受ける手間が省けるため、診察費や通院費などを節約できます。ですが、仮に副作用を発症した場合は全て自己責任となるので注意してください。

個人輸入と通販の危険性

個人輸入や通販サイトで扱われているバイアグラジェネリックは、確かに費用は安いですが、不安要素に溢れています。
まず、品質・有効性・安全性の保証されていません。製造・輸入先は必ず日本と同じ衛生基準を設けて薬品を製造していると限らないからです。中には、劣悪な環境下で、人体に有害なペンキ塗料を使用している闇製薬工場も存在します。また、正規品に似せて作られた偽薬に引っかかる可能性もありえます。そのため、個人輸入や通販サイトで入手したバイアグラジェネリックでは、服用後に副作用が表れる危険性が高まります。あるいは、認知されている副作用とは別の症状が生じることもありえます。
もし、副作用の症状が出たとしたら、専門の医師や薬剤師でも迅速な処置が施せません。なぜなら、非正規ルートで入手した薬は、成分データや作用に関する情報を十分に有していないからです。そのため、症状の原因解明などで処置が後手に回りやすいのです。

医薬品副作用被害救済制度が利用できない

もし、個人輸入か通販で入手した薬で副作用が生じたら、医薬品副作用被害救済制度が利用できません。
この制度は、病院での処方箋を正しく服用したにも関わらず副作用が発症した場合に利用できます。健康を害した患者に対して、医療費などの給付を行ない迅速に救済を図ることを目的としています。この救済制度は国内の病院で処方された薬を服用して副作用を発症した方が対象です。そのため、非正規で入手したバイアグラジェネリックで副作用を起こしても、完全に自己責任となります。いくら費用が安いといっても、個人輸入などでジェネリック医薬品の購入は避けるべきです。
もしものことを想定すれば、保証が設けられている病院での処方を選びましょう。

病院での処方はトータルでここまで安い!

通常のバイアグラとここまで価格が異なる

日本国内にも、バイアグラジェネリックを取り扱っている専門病院が増えてきています。処方の際、通常のバイアグラとジェネリックのどちらかを選んで購入できます。

  バイアグラ(通常) バイアグラジェネリック
初診・再診料 無料

※病院によっては初診・再診料が有料

無料

※病院によっては初診・再診料が有料

処方

1錠

25mg:1,300円(税込)

50mg:1,500円(税込)

25mg:550~780円(税込)

50mg:900~980円(税込)

初診と再診料に関しては、病院によって有料か無料かにわかれます。それを含めても、トータルでかかる料金はどちらが安いかは明白です。
また、バイアグラジェネリックは製薬会社によっても1錠あたりの価格が異なります。同じジェネリックでも、メーカーにこだわれば気持ち的に費用負担が軽減されます。

バイアグラジェネリックの種類別相場

国内でバイアグラジェネリックの生産を行なっている製薬会社は、「武田テパ」「キッセイ薬品工業」「富士化学工業」「日本ファイザー製薬」「東和薬品」などがあげられます。

ただ、全ての専門病院がこれらの製薬会社製の薬を全て扱っているわけではありません。医院によって、契約を結んでいる製薬会社も異なりますし、薬そのものの価格も変わります。
専門病院で扱われているバイアグラジェネリックの相場は、以下の通りです。

・バイアグラジェネリック25mg:550~780円(税込)
・バイアグラジェネリック50mg:980~1,250円(税込)
・バイアグラODフィルム50mg:1,000円(税込)

これらは、あくまで相場を算出したものです。どの専門病院でも、必ずその価格で処方するとは限りません。実際に処方を受ける前に、バイアグラジェネリックの価格は、専門病院毎で確認してください。

安全を考慮して服用する

基本的に、バイアグラジェネリックは通常のバイアグラと効果と副作用は変わりません。なので、どちらを使用しても、EDの改善に役立ちます。ただ、特許の関係でジェネリックの方がローコストで済みます。それに、国内で製造メーカーも多数存在するので、価格や飲みやすさなどで選べる利点もあります。
ただ、バイアグラジェネリックで避けるべきは、個人輸入や通販での購入です。非正規ルートの薬だと、副作用の治療で迅速な対応が受けられません。いくら医師や薬剤師でも、非正規の薬品に関する情報が少ないので早急な処置は望めません。また、医薬品副作用救済制度の利用もできません。この制度も、非正規でない薬は対象外なので、通院や治療は全て自己負担となります。
安全のために、バイアグラジェネリックは専門の病院で処方が無難です。病院によっては、初診や再診料が無料にしているところもあります。費用を安くしつつ、安心してバイアグラジェネリックを利用するために、専門病院で処方を受けましょう。

相談しにくい悩み。一人で抱え込まず、
安心できるクリニックを探してみてください

ED治療

おすすめクリニックはこちら