バイアグラのジェネリックに効果はあるのか

バイアグラにはより安価に購入できるジェネリック医薬品が存在します。しかし、ED治療薬を使用する人の中にはジェネリック医薬品に対する理解が足りず、オリジナルの医薬品より性能が劣っていたり、副作用のリスクがあったりするのではないかと疑う人がいます。そこで今回は、ジェネリック医薬品に関する正しい知識を踏まえたうえで、バイアグラとの共通点や相違点、バイアグラジェネリックの優れた点、効果的な使用方法を紹介します。

バイアグラとバイアグラジェネリックの違い

バイアグラとバイアグラジェネリックの違いについて説明するには、ジェネリック医薬品がどういうものかという点を正しく理解する必要があります。まずは、ジェネリック医薬品とはどんなものなのかを踏まえて、バイアグラとバイアグラジェネリックの違いを説明します。

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品の定義

バイアグラを含むすべての医薬品には、先発医薬品と後発医薬品の2種類があります。必要な段階を経て開発された新たな医薬品を先発医薬品といい、先発医薬品をもとに開発された医薬品を後発医薬品(ジェネリック医薬品)といいます。ジェネリック医薬品は先発医薬品と同様の有効成分を同じ分量含み、同じ経路で吸収するものと定義されています。

ジェネリック医薬品の有用性

先発医薬品の開発は、薬効の発見に2~3年、人間に投与する前段階の非臨床試験で3~5年、人間に対する安全性を確認するための臨床試験に3~7年、加えて販売の承認を受けるのに1年を費やします。このように新たな医薬品を開発するには、膨大な費用と研究期間が必要です。
そのため医薬品を開発した製薬会社には、開発までに要した研究費用を回収する権利があり、先発医薬品の値段に特許料を含めることが許されています。そして、先発医薬品の特許期間が満了すると、他の製薬会社も同様の薬効をもつ医薬品をジェネリック医薬品として開発販売できるようになります。ジェネリック医薬品は、先発医薬品の特許料が含まれておらず安価に購入できるので、患者の経済的負担を軽減したり医療保険財政の改善に貢献したりすることができます。

ジェネリック医薬品が開発されるまでの流れ

ジェネリック医薬品が開発されるまでの工程は、先発医薬品に比べると非常に少ないです。一般的な例をあげると先発医薬品を参考にして、同じ有効成分をもつ原薬が開発されるまでに2~5年、製品化するまでに2~3年、先発医薬品と同様に1年の承認審査を受けて販売が可能となります。ただし、実際に製品化が早期に実現しても、先発医薬品の特許期間が満了するまでジェネリック医薬品を販売することはできません。ちなみに先発医薬品が製造販売した後も、使用の実態から薬剤の安全性を確かめる再審査の期間が4~10年ほど設けられているため、その期間内にジェネリック医薬品の製造販売が許可される例は稀です。
実際に日本において特許期間が満了するのは、8~14年未満が60%以上を占めていて、8年未満でジェネリック医薬品が解禁されるのは20%未満です。ちなみに14年以上かかる場合は15%未満ほどです。

バイアグラとバイアグラジェネリックの効果は変わらない

ED治療薬であるバイアグラは、有効成分のシルデナフィルが配合された先発医薬品です。バイアグラの薬効をもとに開発されたジェネリック医薬品には、バイアグラと同様にシルデナフィルを含み用法用量が同じものなので、正式に認められた正規品であれば両者の効果に差はありません。

バイアグラとバイアグラジェネリックの相違点

原則的にジェネリック医薬品は、先発医薬品と同等の品質で用法用量を統一しなければなりません。ただし、医薬品が実際に一般的に使用される中で、何らかの問題点が浮上した場合、添加物などを調整して改善を図る場合があります。バイアグラジェネリックにおいて調整が可能なのは、薬剤の形状、風味、色、その他添加物などです。ただし、これらの調整は先発医薬品の効果効能や安全性を逸脱しない範囲にとどまるように規定されています。次にバイアグラジェネリックの特徴を紹介します。

同様の成分・効果でバイアグラよりも安く購入できる

バイアグラジェネリックは、先発医薬品のバイアグラに比べると、より安価に購入できるのが最大の特徴です。バイアグラの場合、薬剤の製作費に加えて特許料が含まれているので、1錠あたりの値段がどうしても高額になります。しかし、バイアグラジェネリックは従来のバイアグラと成分、用量、効果が同一でありながら、製品化に要する開発費用が少なく、研究期間が大幅に短縮されているので安価に提供することが可能です。そのため、ジェネリック医薬品は従来のバイアグラよりも安価に購入することができます。

ジェネリックと同様の効き目でより利便性が向上している

バイアグラジェネリックは、バイアグラが実際に製造販売した後に開発されるので、効果効能をそのままに水なしで飲めるようにしたり、薬独特の苦みをなくしたり、レモンやコーヒー風味を加えるといった改良がされています。また薬剤にも割線を加えて、使用者が飲む量を調節できるように形状を変えるなど、より利便性が向上しています。バイアグラジェネリックを使用する際は、自分に適した特徴のある商品を積極的に選択しましょう。

バイアグラジェネリックの安全な入手方法

バイアグラジェネリックを購入する場合、「ED専門クリニックで処方してもらう」、「個人輸入している代行業者から購入する」という2種類の方法があります。しかし個人輸入で購入する場合は、バイアグラジェネリックの効果を謳った偽薬や、不純物の多い粗悪品である可能性が高いので危険です。安全なバイアグラジェネリックを安心して使用するためにも、専門のクリニックで処方されたものを購入するようにしてください。また、クリニックでバイアグラジェネリックを購入するのは安全性のためだけでなく、使用上の注意や併用禁忌薬の説明をきちんと受けるためでもあります。バイアグラジェネリックは、専門医の診察を受けたうえで処方されたものを使用しましょう。

バイアグラジェネリックを効果的に使用するには

バイアグラジェネリックのもつ効果効能は、従来のバイアグラと同じです。そのため、バイアグラジェネリックを効果的に使用する方法は、バイアグラを効果的に使用する方法と変わりません。バイアグラの効果を充分に発揮するには、「脂分の多い食事を避ける」、「飲酒を控える」、「リラックスする」という3点が重要です。バイアグラジェネリックを使用する際にも、これらの点を心がけましょう。項目ごとにバイアグラジェネリックの効果を高める理由を説明します。

脂分の多い食事を避ける

バイアグラジェネリックの成分であるシルデナフィルは、胃で消化されて小腸で吸収されます。ただし、小腸内に食べ物の脂分が残っていると、小腸の器官が脂の膜で覆われてシルデナフィルの吸収を妨げてしまいます。成分を吸収する効率が低下するため、本来の効き目が半減します。脂分の多い中華料理や揚げ物を避けて、あっさりとした和食などを中心に食事をしましょう。くわえて食事量が多いと、消化に時間がかかるため腹7分目くらいが適しています。脂分の多い食事を避けて、食べ物が充分に消化される食後2~3時間にバイアグラジェネリックを服用しましょう。

飲酒を控える

飲酒によるアルコールの摂取は脳のはたらきを鈍らせて、身体の反応が正常に行なわれなくなる可能性があります。男性の性機能はデリケートなので、アルコールを摂取していると性的興奮が充分でも、勃起の具合を損なったり、射精に達しづらくなったりします。適度なアルコールは気分の高揚や、リラックスに良い影響を与えますが、判断力も低下させるので想定以上に飲み過ぎる恐れがあります。基本的には飲酒を控えることをおすすめします。

リラックスする

勃起は精神状態に大きく影響します。そのため過度なプレッシャーやストレスで、極度な緊張や委縮をすると勃起が正常に行われない可能性があります。パートナーに対するものや周囲の環境に関するものなど、自分ひとりでの対応が難しい場合は周囲の協力を得て問題を解決しましょう。

バイアグラのジェネリックにも同じ効果がある

ED治療薬であるバイアグラには、同一の成分、配合量、効果効能をもつジェネリック医薬品があります。バイアグラのジェネリック医薬品は、国から承認審査を受けて認められた安全なものです。バイアグラジェネリックは特許料が含まれていない分、安価に提供することが可能なので使用者の経済的負担の軽減に貢献します。
バイアグラジェネリックはオリジナルのバイアグラと比較すると、形状や飲みやすさに関する利便性が改良されている場合があります。自分に適したバイアグラジェネリックを見つけて、積極的に選択しましょう。バイアグラジェネリックは専門のクリニックから、正規品を処方してもらい医師の説明をよく聞いたうえで使用してください。

相談しにくい悩み。一人で抱え込まず、
安心できるクリニックを探してみてください

ED治療

おすすめクリニックはこちら