バイアグラは工夫次第で安く買えます

ED治療に用いるバイアグラは病院によって価格が少々異なるだけではなく、診察にかかるお金などもかさみます。結果、最終的に出費は相当なものになります。出費を安く抑えるにはジェネリックを使用しましょう。ジェネリックを使えば薬にかかる費用は半分近く減らせることができます。バイアグラにかかる費用やジェネリック医薬品の特徴、そして安く安全にジェネリックを入手する方法を紹介します。

バイアグラを安く買うために

バイアグラの相場とは

ED治療に用いられるバイアグラは、病院によって価格が違います。なぜなら、ED治療は日本では自由診療となるからです。よって、バイアグラの費用も病院ごとに異なります。1粒ごとの価格が数百円違うこともあるので、結果的に大幅な違いが生じます。もしED治療を安く受けたいのでしたら、まずバイアグラの相場を調べ、病院で書かれている価格と比較して高いか安いかを調べる必要があります。なお、バイアグラの相場は25mg錠1つで1,000~1,300円ほどであり、50mg錠だと1つ1,500~2,000円が相場となります。バイアグラの価格はクリニックを調べれば表記されているため、まずはバイアグラの価格を調べておきましょう。

薬以外にも費用はかかる

ED治療にかかる費用は、バイアグラ代だけではありません。他にも、クリニックで受信するための受診費用や、検査のための費用、更に、クリニックによっては再診料がかかることもあります。これらはすべて保険が適用されません。ED治療は保険適用外であり、全額自己負担しなければならないのです。結果、薬代と併せて1万円を超える場合もあります。ED治療は場合によっては何ヶ月もクリニックに通わなければならないということもあり、通い続けることで費用はかさんでしまいます。よって、ED治療はどれだけ費用を削るかを考えることになります。

ジェネリックがおすすめ

ジェネリックとは

ED治療の費用をできるだけ安くするには、バイアグラのジェネリックを活用することになります。ジェネリックとは、後発医薬品のことです。薬というのは、1つ作るのに莫大な費用と年月がかかります。そのため、販売してから20年間は独占権が得られ、製造も販売も開発元しか行えないようになっています。そうしなければ他社が成分を模倣して全く同じものを作れるからです。しかし、製造・販売してから20年経過することで特許は切れるため、それ以降は他社が成分を模倣し、販売しても良いことになっています。これが、ジェネリック医薬品です。

ジェネリックのメリット

ジェネリックのメリットは、安いことです。価格を比較すると半額以下になっていることが多く。倍によっては25mg1錠を500円台で購入することもできます。なぜここまで安いのか。それはジェネリック医薬品は研究や開発にかかるコストが非常に少ないからです。大元の薬は0から研究・開発したため莫大な費用と年月がかかりますが、ジェネリックはその成分や効果がすでにわかっているため、研究にかかる費用や期間が大幅に少ないのです。また、その分価格を安く設定しても利益は十分に出せるため、ジェネリックの価格は非常に安くなっているのです。

元の薬との違い

元の薬との違いですが、実際には使用している添加物や薬の形、味くらいであり、後は元の薬とほぼ同じです。形や味が違うことで、元の薬よりも飲みやすくなるため、ジェネリックのほうが改良されているということもあります。ジェネリック医薬品によっては錠剤ではなくゼリータイプで販売しているものもあり、飲みやすさをとことん追求しているジェネリックもあります。効き目に関してですが、ジェネリック医薬品は、研究・開発はお手軽に行えますが、薬として販売するためには厳しい審査をクリアしなければなりません。審査内容としては、効き目が元の薬と何ら変わりないかどうか、効き目が安定しているかどうかなどのチェックをクリアしなければならないのです。よって、ジェネリック医薬品は効き目に関しては元の薬とほぼ同じです。

病院によってはジェネリックの処方をしてくれることもある

バイアグラは2014年に特許が切れたので2015年には多数のジェネリックが販売されています。そのため、多くの病院ではバイアグラのジェネリック医薬品を取り扱っています。診察を受けて処方してもらうとき、医師側からジェネリックを勧めてくれることもありますが、どうしても気になる場合はまず先にこちらからジェネリックの使用を申し出ておきましょう。また、ジェネリック医薬品も従来の薬と同じく自由診療のため価格が病院によって異なります。また、一部の病院ではジェネリック医薬品そのものを取り扱っていないこともあるので、ホームページで予めジェネリックを扱っているかどうかを確認しましょう。

バイアグラのジェネリック

バイアグラのジェネリックのついて、もう少し細かく紹介します。

ジェネリックは1種類だけではない

バイアグラのジェネリックといっても、様々な製薬会社から研究・製造・販売されており、その種類は多岐にわたります。ここでは、そんなバイアグラのジェネリック製品を一部紹介します。なお、ここで紹介されているものはすべて厚生労働省の認可を受けています

トーワ

日本の会社が製造・販売しているバイアグラのジェネリック医薬品です。飲みやすさに力を入れているようで、水無しで飲めるのが特徴であり、味もレモン味とコーヒー味の二通りから選ぶことができます。

あすか

トーワと同じく日本の会社が製造・販売しているジェネリック医薬品です。50mgのみで25mgはありませんが、割線が入っており、ピルカッターで半分にカットすることで25mgのバイアグラとして使用できます。

個人輸入でジェネリックの購入はおすすめできない

バイアグラのジェネリック医薬品を更に安く買う方法があります。それが、個人輸入による海外製のジェネリック医薬品の購入です。個人輸入で購入することにより、病院に行く必要がなくなるので診察代なども払う必要がなく、処方されるジェネリック医薬品よりも安いものが買えます。そのため、値段のみを追求するのであれば個人輸入は最も安価で買える手段といえます。しかし、個人輸入での購入はおすすめできません。その理由を紹介します。

リスクの高い個人輸入

個人輸入でジェネリック医薬品を購入するのは、非常にリスクが高いです。というのも、海外の医薬品の中には厚生労働省の未認可の薬もあり、明確に効果があると判明していないものもあるからです。それだけではなく、ネット上に出回っているジェネリック医薬品の半分は偽物であるという統計もあります。これはバイアグラのジェネリック医薬品も例外ではありません。そのため、安価で購入しても効果がないばかりか、体調に異常をきたしてしまい、病院で治療を受けることになる場合もあります。当然保険はおりないため、自分で負担しなければなりません。よって、個人輸入によるバイアグラのジェネリック購入は、とてもリスクが高いのです。病院で処方されるものはすべて厚生労働省認可のため信頼でき、安全性が高いです。さらに、病院の診察で明確な治療法もわかるため、多少高くついても病院のほうがメリットがあるのです。

病院でジェネリックが最もおすすめ

ED治療で使用するバイアグラは、決して安い買い物ではありません。人によっては1か月で完治することもありますが、重度の場合だと数ヶ月病院に通わなければならないため費用がかさんでしまいます。そんなコスト面の解決策として適切なのが、ジェネリックの使用です。ジェネリックは非常に価格が安く、しかもバイアグラとほぼ成分が同じなので安心して使用することができます。個人輸入でも購入できますがリスクが高いため、病院で処方してもらいましょう。

 

相談しにくい悩み。一人で抱え込まず、
安心できるクリニックを探してみてください

ED治療

おすすめクリニックはこちら