バイアグラ・レビトラ・シアリスの副作用が気になる方へ

ED治療で使用される3大治療薬と言えば、バイアグラ・レビトラ・シアリスです。これらのED治療薬は、高い有効性があることで知られています。その有効性を数字に置き換えると、80%以上となっていて、EDに悩む多くの男性の強い味方となっています。
しかし、有効性と同じ位気になるのは、やはり副作用です。
バイアグラ・レビトラ・シアリスは、夢の薬ではありません。薬という名前が付いている以上副作用が起こる可能性も想定しておくべきでしょう。
では、そもそも薬の副作用は、何がきっかけで起こるのでしょうか?
ここでは、ED治療薬の有効性だけでなく、副作用について紹介していきます。
ED治療薬だけでなく、薬を服用する機会が多いなら、副作用について改めて確認してみましょう。

 

バイアグラ・レビトラ・シアリスの服用前に知るべきコト~副作用は何故起こるの?~

薬を服用する際、その薬を飲む目的の効果の事を「主作用」と言います。
反対に、本来の目的にそぐわない効果の事を「副作用」と言います。
薬は、この「主作用」と「副作用」の釣り合いで成り立っているのです。

例えば、風邪を引いた場合、風邪薬を服用します。その時の「主作用」は、熱を下げる・鼻水・咳を止めるなどです。「副作用」は、眠くなるなどの症状の事を言います。

ED治療薬で言えば、「主作用」は勃起を目的としていますが、反対に「副作用」として顔のほてりや目の充血などが挙げられるという訳です。

 

副作用は何故起こるのか?

目的の箇所に集中して効果を発揮してくれる薬があれば良いのですが、治療として服用する薬は、血液と一緒に身体全体に運ばれていきます。その為、本来の目的とそぐわない効果をもたらしてしまうのです。他にも副作用が出る原因は複数あります。

・薬本来の性質
・使用方法が間違っている場合
・体調や体質によって副作用が出る場合

などです。
薬本来の性質で出る副作用については、処方してもらう際に、担当医や薬剤師から「このような副作用が出るが、使い続けて下さい」と説明があります。
使用方法についても同様で、説明があり処方されます。

しかし、体調や体質によって副作用が出る場合は、注意が必要です。薬が身体に合わないなどのショック症状の可能性があるので、使用するのを止めて担当医や薬剤師へ相談するようにして下さい。

バイアグラ・レビトラ・シアリスだけじゃない!薬の副作用が出やすい人には特徴がある

同じ薬を服用しても、副作用が出る人・副作用が出ない人がいます。それは、薬の効き方に個人差があるように、副作用にも個人差があるからです。
また、薬を服用する際の身体の健康状態によっても、副作用の現れ方に違いがあります。
ここでは、副作用が出やすい人は、どのような特徴があるのかを調べてみました。

 

副作用が出やすい人の特徴とは・・・

肝臓や腎臓に病気を持っている人

肝臓や腎臓に病気を持っている場合、薬を分解したり、排泄する機能が低下していたりする事が考えられます。そのため、身体の中に薬が長く留まり、薬の副作用が現れてしまうのです。

 

アレルギー体質の人

卵・牛乳・小麦など食べ物にアレルギーがある人は、アレルギーを持っていない人に比べて身体が敏感に反応します。それは、薬も同様で、適量とされている薬の量でも副作用が出てしまう可能性があります。

 

数種類の薬を服用している人

単体で服用する場合には問題無い薬でも、薬と薬の飲み合わせによっては、身体に良くない副作用が出る場合があります。これを相互作用と言い、数種類の薬を服用する際は注意が必要です。
相互作用を防ぐ為には、処方箋のチェックだけでなく、お薬手帳を持っていき、担当医や薬剤師の目で確認してもらうことが大切になります。

 

幼児や高齢者

幼児の場合、肝臓や腎臓の機能が成長段階なので、未発達になっています。反対に、高齢者の場合は、肝臓や腎臓の機能が衰えてきています。そのため、薬を分解する機能や、排泄する機能が通常の人に比べ遅くなっているのです。
その時は、服用する量を減らすなどの対策をして、副作用が強く出ないようにする方法があります。

 

栄養不足

薬を分解する代謝酵素はタンパク質です。薬は、身体にあるタンパク質によって分解、無害化されて排出されます。そのため、栄養不足の人、特にタンパク質が足りていない場合には、薬の主作用が悪くなり、副作用が出やすい身体になっている可能性があります。
上記の事を踏まえ、バイアグラやレビトラ、シアリスなどを服用して副作用を出さない為にも、普段の生活の中から、タンパク質を含む栄養バランスの整った食事を意識し、肝臓や腎臓を労って免疫力を高める様にして下さい。

 

服用からどの位で副作用が出るの?バイアグラ・レビトラ・シアリスで調べてみた!

初めてED治療薬を服用する場合、やはり気になるのは副作用です。
ここでは、バイアグラ・レビトラ・シアリスの副作用の症状や、副作用が出るまでの時間などを比較していきます。

 

薬剤名 副作用の症状 副作用が出るまでにかかる時間
バイアグラ ・顔のほてり
・目の充血
・動悸
・頭痛
・鼻づまり
バイアグラを服用してから
30~60分後
レビトラ ・紅潮
・目の赤み
・動悸
・頭痛
・鼻づまり
・胃の不快感
レビトラを服用してから
30~60分後
シアリス ・顔のほてり
・目の充血
・動悸
・頭痛
・鼻づまり
・背部痛
シアリスを服用してから
1~3時間後

 

副作用の症状、副作用が出るまでの時間には個人差があります。上記は目安として覚えておいて下さい。

 

ちょっと待った!ED治療薬の副作用は服用時に問題が!?

バイアグラ・レビトラ・シアリスの副作用は、上記で記載した意外にも、心筋梗塞や脳卒中など重い副作用を引き起こす場合もあります。
しかし、バイアグラ・レビトラ・シアリスなどのED治療薬は、安全な薬なので比較的危険なものではありません。
こうした重い副作用を引き起こす場合は、服用時に問題がある事が多いのです。

 

バイアグラ・レビトラ・シアリスが重たい副作用を引き起こす原因

薬の飲み合わせを確認していなかった

ED治療薬にも、併用禁忌薬などもあるので、処方時には担当医や薬剤師に服用している薬を確認してもらって下さい。

 

規定の用量・用法を守らなかった

正しい服用方法を理解する必要があります。担当医や薬剤師からの説明に従い、バイアグラ・レビトラ・シアリスの正しい知識を持って使用するようにしましょう。

 

そもそも偽物のED治療薬だった

海外の通販サイトや個人輸入でバイアグラ・レビトラ・シアリスを購入した場合、高い確立で偽物の可能性があります。偽物のED治療薬は、不衛生な環境で製造されていたり、きちんとした効果がなかったりする場合があります。
2008年8月~2009年4月までに行った調査によると、海外から個人輸入したED治療薬の内、実に40%が偽物だったという結果が出ています。正規のED治療薬とは違う副作用が出る事もあるので、専門のクリニックで購入することをオススメします。

 

健康状態が悪化しているタイミングで服用してしまった

高血圧や心臓病などの病気を患っている人がED治療薬を服用する場合は、重い副作用に繋がる可能性があります。このような病気を持っている場合は、必ず担当医に報告し、ED治療薬を服用しても大丈夫な状態なのかを確認するようにしましょう。

また、ED治療薬にも、併用禁忌薬などもあるので、処方時には担当医や薬剤師に服用している薬を確認してもらって下さい。

 

【バイアグラ・レビトラ・シアリス】の副作用を防ぐコツ

ED治療薬を服用したいなら、副作用が起きない様に自分自身でも注意することが大切です。
副作用を防ぐコツとして、下記の事が挙げられます。

・ED治療薬の作用、EDに対する薬の必要性をきちんと理解する
・ED治療薬の副作用について、しっかりと理解する
・正しいED治療薬の飲み方を把握する
・普段の体調を異なる症状がないか、冷静に観察する
また、専門クリニックで診察してもらう際には、下記の点をきちんと報告しましょう。

・過去に服用した薬による副作用の有無
・現在服用している薬の有無
・現在患っている病気の有無

これらに注意してED治療薬を処方してもらうようにして下さい。

 

バイアグラ・レビトラ・シアリスの副作用が出た時の対処法

ED治療薬での副作用として多く報告されているのが、「顔のほてり」「目の充血」です。これは、バイアグラ・レビトラを服用している人の約9割、シアリスを服用している人の約3割に見られる副作用となります。
その他、バイアグラ・レビトラの副作用として、「頭痛」「動悸」「鼻づまり」の症状が続きます。
頭痛や鼻づまりに関しては、市販されている頭痛薬や点鼻薬を使用する事で、症状を和らげることが可能です。
もし、それでも副作用がキツい場合は、ED治療薬の容量を下げる方法が良いかもしれません。主作用と副作用は比例するため、勃起をサポートする効果も薄くなりますが、副作用も和らげてくれます。
効果を下げたくないという場合は、担当医と相談して自分の身体に合ったED治療薬を試してみましょう。ED治療薬の正しい知識を身につけ、男の自信を取り戻して下さい。

相談しにくい悩み。一人で抱え込まず、
安心できるクリニックを探してみてください

ED治療

おすすめクリニックはこちら

クリニックの選び方