危険性を知らなくて平気?カマグラの効果、注意点

カマグラは、価格は安いですが安全性が低いので購入はおすすめできません。
バイアグラと同じような効果が得られて、かつバイアグラよりも安い価格で購入できるバイアグラのジェネリック医薬品は魅力的ですよね。カマグラはバイアグラのジェネリック医薬品のひとつです。カマグラの価格はバイアグラの約4分の1で非常に安いですが、個人輸入でしか購入できません。個人輸入の場合、偽物を購入するリスクがあり、安全性が低いためおすすめできないのです。
そこでカマグラの特徴、効果、飲み方、注意点をまとめました。

カマグラとは

カマグラはインドの製薬会社が製造、販売しているバイアグラのジェネリック医薬品です。インド国内で販売しているものはカマグラゴールド、輸出しているものはカマグラ、と名前が異なります。ただ、有効成分はどちらもバイアグラと同じシルデナフィルで、効果に違いはありません。

種類が豊富 カマグラの特徴

カマグラの特徴は種類の豊富さです。錠剤タイプ、ゼリータイプ、タブレットタイプ、発泡剤タイプの4種類があります。

錠剤タイプ

錠剤タイプは最も一般的な薬の形で、無味無臭なので、初めてカマグラを使用する人でも抵抗なく服用できます。錠剤タイプのカマグラの中には、早漏防止効果のある成分を配合したスーパーカマグラという商品もあります。

ゼリータイプ

ゼリータイプはカマグラオーラルゼリーという商品名で販売されています。グリーンアップル、キウイ、イチジク、ラズベリー、キャラメル、グアバ、ライチの7種類の味から選べます。錠剤を飲み込むのが苦手な人に向いています。

タブレットタイプ

タブレットタイプはカマグラチュアブルやカマグラPOLOといった商品名で販売されています。舐めたり噛んだりして服用できるので、水の必要がありません。カマグラチュアブルはイチゴ、オレンジ、バナナ、パイナップルの4種類の味から選べます。また、カマグラPOLOはパイナップル味となっています。

発泡剤タイプ

発泡剤タイプはカマグラエファーバセントという商品名で販売されています。コップ1杯の水に錠剤を溶かして服用します。味はオレンジ味の1種類のみです。

価格や安全性は大丈夫? バイアグラとの違い

カマグラはバイアグラよりも価格が安いですが、おすすめできるED治療薬ではありません。その理由はカマグラの偽物を購入するリスクがあるからです。
カマグラは日本国内の医療機関では処方されていないので、日本にいながら購入するにはネット通販で個人輸入するしかありません。ただし、ネット通販で販売されているカマグラの中には、偽物も多く流通しています。そのため場合によっては偽物を購入して重大な健康被害を受けるリスクがあるのです。
バイアグラの価格が50mg錠ひとつ1,500~2,000円なのに対して、カマグラの価格は50mgひとつで200~250円で、カマグラはバイアグラの約4分の1の価格で販売されています。確かにカマグラの価格の安さは魅力的です。しかし日本にいながら購入するには個人輸入するしかなく、偽物を購入するリスクがあるのでカマグラはおすすめできないのです。なお、トーワやキッセイなどの医療機関で処方されている安価で安全性が高いバイアグラのジェネリック医薬品も存在するので、バイアグラのジェネリック医薬品を探している方はそちらを購入しましょう。

カマグラの効果

カマグラの有効成分はバイアグラと同じシルデナフィルクエン酸塩なので、効果はバイアグラと似ています。服用してから効果があらわれるまでは30分程度で、効果の持続する時間は4~5時間程度です。効果が出るメカニズムもバイアグラと同じで、血管を拡張させる物質を壊すはたらきがある酵素のホスホジエステラーゼ5(PDE5)を阻害して勃起不全(ED)を防止します。PDE5を阻害し、血管を拡張させることで、男性器に送る血液量を増やし正常に勃起できるようになります。
このようにカマグラはバイアグラと効果の出方や仕組みが似ています。ですがカマグラは錠剤タイプ、ゼリータイプ、タブレットタイプ、発泡剤タイプなど様々な種類があり、バイアグラとは製法が異なります。そのためバイアグラと全く同じ効果が出るとは限らないので注意しましょう。

カマグラの飲み方

種類別の服用方法

カマグラは錠剤タイプ、ゼリータイプ、タブレットタイプ、発泡剤タイプの4種類があり、それぞれ服用方法が異なります。錠剤タイプは一般的な薬と同じようにコップ1杯の水と一緒に1錠を飲みます。ゼリータイプはゼリー状のカマグラを手で押し出して食べます。ゼリータイプは今のところ100mgしかないので、50mgで効果が出る人は半分だけ食べましょう。タブレットタイプは噛み砕いたり舐めて溶かしたりして服用します。発泡剤タイプはコップ1杯の水に錠剤を入れてしっかり溶かしてから服用します。

カマグラを飲むタイミング

カマグラは食事に影響を受けやすいED治療薬なので食前に服用しましょう。食後に服用すると、有効成分の吸収が悪くなり、充分に効果があらわれなくなってしまいます。食事から性行為までの時間が短い場合は、食前にバイアグラを服用し、その後に食事をしましょう。食後に服用するなら、食事が終わってから2時間以上経過してから服用してください。また、油が多い食事は消化が悪く、2時間以上経過しても影響する恐れがあるので、油が少ないあっさりとした食事を選びましょう。

カマグラを服用する際の注意点

副作用が出る場合がある

カマグラを服用すると血管が拡張子、全身の血行がよくなります。その作用によって副作用があらわれることがあります。カマグラの先発医薬品であるバイアグラの副作用として最も多く報告されているのは、めまい、頭痛、ほてりなどです。血行が良くなり血圧が低下することでめまいが起こります。また、頭の血管が拡張されることでほてりや頭痛が起こります。他にも鼻づまり、鼻血、消化不良、胃痛などの副作用が起こる場合もあります。

効果があらわれない場合がある

カマグラは身体の機能や精神的な問題で効果があらわれない場合があります。たとえば老化によって全身の機能が衰えるとカマグラを服用しても、効果を感じにくくなることがあります。また、強いストレス、睡眠不足などが原因で心因性のEDになっている場合は、カマグラを服用しても効果はあらわれません。

カマグラを服用すると危険な人もいる

カマグラは誰が服用しても安全というわけではありません。たとえば血管拡張薬の一種である硝酸薬を使用している人がカマグラを服用すると非常に危険なので、絶対にやめてください。硝酸薬を使用している人がカマグラを服用すると、血圧が異常に下がり、重大な健康被害を受ける可能性があるのです。最悪の場合、死に至ることもあるので、硝酸薬を使用している人は絶対にカマグラを服用しないでください。

カマグラは危険なED治療薬

バイアグラのジェネリック医薬品であるカマグラは安いですが、日本国内では正規ルートでは流通しておらず、個人輸入でしか購入できないのでおすすめできません。
カマグラはバイアグラの約4分の1の価格で購入できる安価なバイアグラジェネリック医薬品です。安さが魅力的なED治療薬ですが、日本国内で購入するためにはネット通販を利用して個人輸入するしかありません。ネット通販で流通しているカマグラの中には偽物も多く出回っていて、偽物を購入するリスクがあります。
カマグラの効果はバイアグラと似ていますが、ゼリータイプやタブレットタイプなど様々な種類があり、バイアグラと製法が異なるため、効果は全く一緒というわけではありません。また、人によって副作用が出る場合がありますし、重大な健康被害を受ける場合もあります。そのため個人輸入をして個人の判断で服用するのは危険です。
安全にED治療薬を服用するためには医療機関を受診して医師の指導を受けることが大切です。バイアグラのジェネリック医薬品はカマグラ以外にもトーワやキッセイといった日本国内で認められた安全性が高いものも存在します。費用を抑えたい人は医療機関を受診して、そのような安価で安全性が高いED治療薬を処方してもらいましょう。

相談しにくい悩み。一人で抱え込まず、
安心できるクリニックを探してみてください

ED治療

おすすめクリニックはこちら