edの症状と原因

日本人男性のおよそ25パーセントが悩んでいると言われているのがed(勃起不全)です。発症者は40代以上に多いですが、最近は10~20代の発症者も増えてきています。
edを発症すると、以下のような症状が出てきます。

・勃起してもペニスがあまり硬くならない
・勃起の持続時間が短くなった
・性行為中にペニスが萎える
・以前と比べてペニスが勃起しにくくなった
・朝立ちがなくなった

通常、性的刺激を感じた脳は神経を伝達してペニスの陰茎海綿体(いんけいかいめんたい)に血液を送り、膨張させて勃起させます。
しかし、ed患者の場合“何かしらの原因”で神経伝達や陰茎海綿体の膨張が起きず、上記のような症状が現われるのです。

残念ながらedの原因は1つではないため、「自分が発症した原因」を丁寧に調べなくてはいけません。そこで、edの原因についてより詳しくみていくので、気になる方はチェックしてみてください。

edを放っておくとどんな問題が発生する?

まずは、edがもたらす問題について少しだけ紹介します。

edの弊害(パートナーとの関係の悪化)

パートナーとの性行為におよんでも勃起が起きなければ、相手は「他の相手と性行為を行なったのでは?」「私に性的魅力がないからでは?」と思うかも知れません。

中には、恥ずかしくてedのことを打ち明けられずに、「疲れているから」とパートナーに嘘をついている人もいるでしょう。しかし、edは放置したところで、根本原因を解決できなければ治りません。また、edの症状以外にはいたって健康なため、ますます疑われてしまうでしょう。

edの弊害(精神的ストレスの悪化)

愛する人との時間は全ての人にとって大事なものです。お互いに喜びや癒しを感じられるひと時ですよね。しかし、edを発症しこれまで通りの性行為ができなくなると、男女共に自信をなくしてしまいます。
2人でいることが嬉しくて楽しかったはずなのに、苦痛に感じるようになるかも知れません。愛し合っているからこそ、さらに精神的ストレスは大きくなっていくでしょう。

繊細な症状であるため、そのまま放置してあきらめようとする人もいますが、きちんと治療を行なえばほとんどの場合は治ります。

edの原因1~器質性edについて~

器質性(きしつせい)とは、肉体に原因があるという意味です。

①器質性edの原因

原因1(糖尿病による神経障害)

日本にはおよそ820万人以上の患者がいるとされている糖尿病は、血液の病気です。血中のブドウ糖濃度が高いことで、血管以外に“神経”も傷付けてしまいます。この「糖尿病性末梢神経障害」でもedは起きます。

原因2(脊髄損傷、椎間板ヘルニアなどによる神経障害)

交通事故などで脊髄を損傷すると、勃起の命令を脳とやり取りする神経が傷付いたり、切れたりしてedが起こることがあります。
また、脊髄損傷以外に、加齢により椎間板の組織が脊髄や神経を圧迫する椎間板ヘルニアでも同様の理由からedを発症することがあります。

原因3(血流を悪化させる喫煙や高脂血症などの生活習慣病)

喫煙で血管が収縮したり高脂血症や動脈硬化などで血管が細く硬くなったりすると、血流が悪くなります。その結果、勃起に必要な量の血液を陰茎海綿体に送ることができず、edの症状が現われるのです。

②器質性edの解決法

解決法1(糖尿病などの病気を改善する)

糖尿病や高脂血症などが原因の場合、これらを改善することはedの治療にも繋がります。

解決法2(お酒や喫煙などの生活習慣を改善する)

お酒は適量であれば血行を良くしてくれますが、過度の場合は逆効果です。肝機能を低下させ血流悪化を招いてしまうため、飲み過ぎには気をつけなければいけません。

一方、喫煙は「百害あって一利なし」と言われるように、良いことはありません。喫煙をすることで血管は収縮し、体内のビタミンも失われます。edを改善するためには、禁煙した方が良いです。

解決法3(動物性脂肪の多い食事を控える)

動物性脂肪は、植物性脂肪や魚の油に比べて常温で固まりやすいため、摂り過ぎると血管壁にこびりつき動脈硬化を招いてしまいます。血流が悪くなることでedが起きやすくなるため要注意です。

edの原因1~心因性edについて~

心因性(しんいんせい)とは、文字通り精神的なことが原因となっているという意味です。

①心因性edの原因

原因1(ストレス、不安、うつなどの心理的なこと)

主に20~30代の男性に多くみられるのが、ストレス・不安・うつなどによる心因性edです。若い頃は環境の変化が大きく、その中でストレスを溜め込み、うつを発症することがあります。ストレスやうつで心が元気をなくすと、性的興奮を感じにくくなりedが起きやすくなります。

また、近年はプラトニックな関係を望む人も増えていますよね。つまり、元々あまり性行為に興味がないというタイプです。このような場合は、無理に性的興奮を感じようとせず、性行為以外のコミュニケーションを大事にするパートナーを見つけた方が良いでしょう。

原因2(焦りなどで不安や緊張感を強めてしまい、悪化させることがある)

焦り・不安・緊張感を覚えると、勃起は起きづらくなります。「上手くできなかったらどうしよう」「嫌われてしまわないかな」と考え過ぎないことが大事です。

中には、勃起しなかったことで相手から酷いことを言われて自信を失ったという人もいるでしょう。年齢・性別に関係なく、心が豊かな人・可哀想な人はいるものです。性行為だけでなく、人として愛し合っていける相手と一緒にいれば、心に残っている嫌な思いは自然と消えていくでしょう。

②心因性edの解決法

解決法1(カウンセリング)

客観的かつ専門的なアドバイスが欲しい場合は、ed治療の専門クリニックを受診しましょう。こうしたクリニックにはed治療を専門に行なっている男性医師や男性カウンセラーがいます。丁寧に悩みを聞き、最適な治療法を探していけるので安心・確実です。

最近は、患者同士が顔を合わせることなく受診できるように、診察時間に幅を持たせたり個室タイプの待合室を用意しているクリニックもあります。こうしたクリニックを探してみてください。

解決法2(ed治療薬を使う)

「上手く勃起しない」と悩むばかりでは、ますます自信がなくなり症状は悪化していきます。
自信を回復するために、形から入っていくことも大事です。
性的刺激・性的興奮を感じた時に勃起しやすくするために、バイアグラやシアリスなどのed治療薬を処方してもらうと良いでしょう。
ed治療薬には種類があり、効果の発現時間と持続時間、副作用などについて違いがあります。信頼できるクリニックを受診しましょう。

ほとんどの場合ed治療薬で改善できる(まとめ)

器質性edも心因性edも共に大きな病気が原因でなければ、適切なed治療(ed治療薬の内服とカウンセリング、生活習慣の改善など)で完治します。

edをきちんと治療するために信頼できるクリニックを選び、自分に合ったed治療薬を処方してもらいましょう。クリニックによっては、低価格・高品質のジェネリック医薬品やオリジナル処方薬を用意していることがあるので、こうした点も比較しながらクリニックを選ぶと良いです。