ed治療法について

現在ed治療は様々な薬や治療法が出ていています。そのためed治療は、以前に比べ少しずつ身近なものへと変化してきています。
しかし、いまだに「ed治療薬は危険な薬」というイメージや、「ed治療を受けることが恥ずかしい」と感じていてクリニックに通えない方も多くいるようです。

このようなイメージをどうにかしたいと考え、ここではedの治療法や他の治療法について紹介していきます。
ed治療を受けたいと検討している方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

edの治療は薬物療法が効果的

edは、その原因にかかわらず、大体のedが治療可能です。
専門クリニックで医師とedの治療について話し合い、適切な指導のもとedの治療法を選択します。edを改善するために患者に合った治療法を提案してくれます。

ここでは、ed治療法として一般的な薬物療法について紹介するので、ぜひ参考にしてみて下さい。

薬物療法について

現在、ed治療法として薬物療法が主流になっています。そのため、多くのクリニックで薬物療法を取り入れています。
薬物療法は、今現在の健康状態や服用している薬、持っている病気などを総合的に判断し、適切なed治療薬を処方します。その経過や副作用をみながら患者にあった治療薬を見つけていきます。

クリニックの診察では、服を脱いだり、患部を触診されたりという事は行っていないので安心です。
また、検査といっても血圧チェックなどの簡単な検査となっているので、初診の方でもあまり時間をかけずに診察してもらえます。

診察時間内で質問・相談ができるように、気になる点や質問などは事前にまとめておくと良いでしょう。

薬物療法について

日本で承認されているed治療薬は、「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」の3種類です。

【制作依頼】

ed治療薬名 バイアグラ レビトラ シアリス
有効成分 シルデナフィル バルデナフィル タダラフィル
用量 ・25mg
・50mg
・5mg
・10mg
・20mg
・5mg
・10mg
・20mg
薬の形状 色:青
形:ひし形
色:オレンジ
形:丸型
色:黄色
形:涙型
服用するタイミング 性行為の1時間前が目安です。空腹時に服用する場合は、30分程度で作用が現れます。 性行為の1時間前が目安です。空腹時に服用する場合は、20分程度で作用が現れます。 性行為の3時間前が目安です。
作用時間 約5時間程度 10mgは、約5時間程度
20mgは、約10時間程度
10mgは、20~24時間程度
20mgは、約30~36時間程度
アルコールとの併用 適量であれば可能 適量であれば可能 適量であれば可能
食事の影響 食事の影響を受けやすいです。空腹の時に使用するようにして下さい。食事をする場合は、食後2時間程度時間をあけて服用して下さい。 食事の影響を受けにくいed治療薬ですが、作用時間を早くしたい場合には、空腹時に服用するようにして下さい。食事の内容は、700calで脂質の割合が30%以内となっています。 食事の影響を受けにくいed治療薬ですが、作用時間を早くしたい場合には、空腹時に服用するようにして下さい。食事の内容は、800calまでとなっています。
効果 硬さが出るという作用もある 短時間で効き始める 作用時間が一番長い

【制作依頼】

心因性のedであればカウンセリングも効果的

edには、いくつかの原因があります。
・機能性要因
・器質性要因
・混合性要因
・薬剤性要因
・その他の要因(加齢・喫煙など生活習慣の影響)

中でも、最も多いのが機能性要因のedです。
機能性要因のedを更に細かく分類すると……
・心因性ed
・精神病性ed

edの原因が心因性の場合、その治療法・解決法として、カウンセリングも効果があります。

心因性edの解決法1.カウンセリング

心因性edの場合、身体に原因がある訳ではなく心(精神的な部分)に原因があります。

・性行為への緊張や焦り
・過労
・睡眠不足
・ストレス
・パートナーとのトラブル
など

カウンセリングを通して、これらを解決・軽減することで自然とedが治ることがあります。
また、カウンセリングはでは「一般的なもの」と「深層心理に繋がるもの」があるということが分かっています。「深層心理に繋がるもの」は、心理学者や精神科医と話し合いをしてed解決へ導いていきます。

心因性edの解決法2.薬物療法

ed治療薬は、心因性edの場合でも効果を発揮することが近年の研究から分かってきました。治療薬を服用することで性行為への安心感・自身に繋がり心理的問題を解決できるというデータもあります。

そのため、勃起に関する身体の機能に問題がないという場合でも、ed治療薬を使用して様子を見ることもあるようです。

ed治療薬が服用できない場合の治療法

ed治療薬は、血管を膨張させ血流を良くすることで、勃起をサポートしてくれる薬です。
医薬品なので、他の薬同様に併用禁忌薬や持病を持っている場合、服用できないと判断される事もあります。
その場合、治療薬以外のed治療を行ってed症状を解決します。

ed治療薬以外の治療方法

治療法1. 陰圧式勃起補助具

「陰圧式勃起補助具」は、陰茎に圧をかけ勃起させる方法です。

1.プラスチック製の筒の中に陰茎を入れ、ポンプで中の空気を抜き真空状態を作る
2.その後、陰茎の根本をゴムバンドで留めて勃起状態を維持

この方法は、「安全性95%」「有効性86%」となっており、副作用もなく使用できるメリットがある一方、陰茎の根本をゴムバンドで留めるだけなので、持続時間は30分程度となっています。

治療法2. 陰茎海綿体注射

「陰茎海綿体注射」とは、陰茎に直接薬を注射し、勃起を促す治療法です。
ed専門の医療機関で注射を行います。しかし、医療機関によっては、この治療を行っていない事もあるので、事前に確認しておきましょう。

治療法3. 陰茎プロステーシス

「陰茎プロステーシス」は、ed治療の最後の砦と呼ばれる治療法です。
ed治療薬や上記2種類の方法でも改善されなかった場合に有効な治療法になります。

1.陰茎海綿体に人口の器具を埋め込む
2.性行時に、その器具を自身で操作し、勃起状態を作る

この方法は、最終手段の手術です。さらに、一度手術してしまうと、その後は自然な勃起ができなくなります。
しかし、この手術を受けた方の満足度は非常に高いようです。

edの治療はクリニックでしっかり行おう!

edは、とてもデリケートな問題ですが、自然に回復する可能性はほとんどありません。
その為、専門の医療機関で適切な治療を受ける事が「回復のカギ」になります。
現在は、様々な治療方法があるので自分に合った治療を受ける事が可能です。

一人で悩まず……
まずは、専門の医療機関に相談してみよう!

相談しにくい悩み。一人で抱え込まず、
安心できるクリニックを探してみてください

ED治療

おすすめクリニックはこちら

クリニックの選び方