20代からEDに悩む人続出?!その原因は?

少子高齢化の影響で、日本の人口は年々減少傾向と言われています。しかし、その一方でED治療による受診者数は増加傾向にあります。一体なぜなのでしょうか。

簡単に言うと、EDに悩む若者が増えているためです。

これまでは、「EDは年をとってから現れる症状」と考えられていましたが、実際は年齢に関係なく発症することが分かってきています。

 

なぜ20代や30代、ひいては40代の人がEDで悩むのか、その原因を調べてみました。

EDに悩む若者必見です。

 

EDになる理由~20代・30代・40代編~

20代のEDは【精神】が関係する

20~29歳はまだまだ若く、ほとんどの場合、体に異常はありません。

実際に、カウンセリングや検査の結果から、体ではなく「メンタル」面に悩みを抱えていることがうかがえます。性に関する知識や経験の不足も関係していると思われます。

 

「器質性ED」ではなく「心因性ED」が多いことが、20代EDの特徴です。

 

性にあまり興味を示さない人もいれば、強い興味を持っている人もいます。

やる気満々で興奮し、性的刺激も感じているのにうまく勃起しない人は「プレッシャー」を感じていることが多くあります。

このとき、「相手を満足させないといけない」と過度に感じている場合、「まずは、自分が満足しよう」、「誰にだってペースはある」と開き直りましょう。心の重荷が取れると、意外と簡単に男性機能は回復します。

 

また、優しい人ほど、相手からの心ない言葉に傷付きやすいものです。相手から経験不足を指摘されたり、何気ない態度に落ち込んだりすることも少なくないでしょう。しかし、20代は色々な体験を通して、魅力と自信を高める時期です。相手の経験や年齢に囚われず、「自分は自分」と割り切って行為を楽しめば、次第に上手くなり相手と共に楽しめるようになります。

 

プレッシャーを感じたりやる気が出なかったりするときは、無理に行おうとせず他のことに目を向けてください。気持ちが回復すれば、自然と「したい」という気になり、体も反応しやすくなります。

 

30代のEDは【環境】が関係する

30代は環境の変化が大きく、仕事とプライベートの両方で重要な役割を担いやすい時期です。

家庭を持ちはじめたり、会社で責任のある仕事を任されたりする人が多いです。

こうした変化の中、人間関係の複雑化でストレス過多になり、EDを発症する人が少なくありません。

家庭を持った人であれば、子づくりのプレッシャーも影響しているでしょう。

 

30代は主に環境の影響を受けて、EDを発症していると言えます。

 

まずは、休息を十分とるようにしてください。目まぐるしい変化の中に長く身を置いていると、人は身を守ろうと緊張気味になります。このとき、体内では「交感神経」が活発化して、血流が悪くなります。大腸の働きや排泄機能も抑制されるので、まさに下半身には良くありません。逆に、お風呂に浸かっているときや睡眠中など、リラックスしたときに優位になるのが副交感神経です。できるだけ副交感神経が優位になるように、自分で実践できる「リラックス方法」を実践するようにしましょう。

 

環境による影響を逆に利用するのも1つの手です。職場や家庭でストレスを感じているなら、自分のための「時間」と「場所」をできるだけ確保するようにしてください。午後に休みをもらい静かな公園で好きな本を読んだり、自分へのご褒美としてリラックスアイテムを買ったりしても元気になれると思います。

大切な人との行為をゆっくり楽しむために、旅行に出かけるのも良い方法です。美味しい食事や美しいな景色を楽しめる宿に泊まれば、身も心も癒やされて愛する人との仲も深まります。

 

心身の元気を取り戻せる環境に身を置くようにしましょう。

 

40代のEDは【加齢】が関係する

EDの“イエローゾーン”に差し掛かるのが、40代頃からと言われています。

なぜなら、EDのリスクを高める「高血圧」や「糖尿病」などの発症もこの頃から増えるためです。

EDの原因でもある「血流の悪化」は、これらの生活習慣病でも起きます。

 

「食生活の乱れや運動不足でお腹が出てきた」、「メタボになってきている」、「体力が落ちて、息切れしやすくなった」と感じる人は注意しましょう。

 

40代のEDの特徴は、生活習慣病などと共に発症しやすい点です。

 

脂肪と糖質を多く含む食べものはできるだけ避け、ビタミンやミネラル、タンパク質や食物繊維を多く含む食材をきちんとバランス良く摂るようにしましょう。これらの栄養素をしっかり摂ることで代謝が上がり、老廃物や毒素をきれいに排出しやすくなります。

食生活の改善以外に「簡単なストレッチ」や「ジョギング」、「水泳」や「ヨガ」などもED対策には有効です。体内に新鮮な酸素を取り込み、血流を良くすることで細胞は活性化します。

 

「適度に体を動かすこと」と「バランスの良い食生活」を維持して、元気であり続けましょう。

 

どの年代でバイアグラを服用するのが正解?

バイアグラの服用をはじめる年齢について

ED治療薬の「バイアグラ」、「レビトラ」、「シアリス」には、年齢制限がありません。

そのため、20代~50代はもちろん、60代~80代でも服用できます。実際に80代までを処方対象としているクリニックが多いです。年を重ねても、愛する人との時間を楽しみたい気持ちは皆同じですよね。

 

60代以上でもバイアグラは服用できますが、いくつか注意点もあります。

 

年配の方の場合、代謝機能の衰えで薬の分解が遅く、長時間体内に残ることで薬剤の血中濃度が上昇する可能性があります。そのため、バイアグラの処方は少量からとなるでしょう。

 

また、持病を持っている場合は、服用できない可能性もあります。

 

バイアグラの基本的な作用は、「血流を良くして、陰茎に血液を集めること」です。

そのため、年齢に関係なく目の充血や口渇、頭痛や動悸などの副作用が現れることがあります。若い人であればこうした副作用だけで済みますが、年配の方であれば「血管に掛かる負担」も大きくなると言えます。バイアグラなどを安全に服用するためには、「体力」と「健康」を十分維持しておくことが必要不可欠です。

 

20代からのバイアグラ使用に関して

バイアグラなどのED治療薬には確かな効き目があることから、「依存性」や「習慣性」を心配する人も多いです。しかし、バイアグラなどのED治療薬は、こうした心配とはまったく「無縁」です。

20代から服用したとしても、「もうこれがないと勃起しない」とはならないので、安心して服用できます。

 

バイアグラなどのED治療薬は、適切な使用法を守れば極めて安全であり、依存したり習慣化したりすることはありません。

 

しかし、体質によって「バイアグラの方が効く」、「レビトラの方が効く」などの個人差はあります。効き目が弱いなと思ったら、種類や処方量を変えてもらいましょう。そのためにはクリニックを受診して医師に相談する必要があります。

 

ED治療薬を使いたいという方は、ぜひ専門クリニックで医師に相談して、自分に合ったED治療薬を処方してもらいましょう。

バイアグラは世界中に使用者がいることからも分かるように、とても効果的なお薬です。こんなに便利で頼りになるものを使わないなんて、すごくもったいないです!

 

一人で悩まずに、どんどん解決策を実践していきましょう。バイアグラは男性の味方です!

 

バイアグラ使用に年齢は関係ない!ただし医師への相談は必須【まとめ】

上述したようにバイアグラの使用に年齢は関係ありませんし、依存性の心配もありません。問診やカウンセリングでEDの原因を特定し、自分の体質に合ったED治療薬を処方してもらうことが重要なのです。

 

ED治療の経験と実績が豊富なクリニックを選び、信頼できる医師に相談して、自分にピッタリなED治療薬を処方してもらいましょう!