バイアグラジェネリックの海外個人輸入に潜む深刻な問題

EDの治療薬としては、日本ではバイアグラ・レビトラ・シアリスという3種類が承認されていて、どの治療薬を使用するかは、医師との相談のうえで決定します。しかしこれらEDの治療薬は、決して安価であるとは言えません。

もちろん薬や錠剤によるところもありますが、多くの場合で1錠1500円前後となっています。これら治療薬の高さのために、なかなかED治療を開始する決心がつかないという人もいるようです。

そんな状況の中で注目を集めるのが、バイアグラのジェネリックです。バイアグラの特許が2014年5月に切れたため、新薬より安価なジェネリックを作ることが可能になり、現在日本でもバイアグラのジェネリックが流通しています。これにより、ED治療はバイアグラジェネリックなどを使用することが出来れば費用負担を抑えられるようになってきました。

しかし一方で、安さを求めて海外から個人輸入代行で購入し、偽造薬(厚生労働省未承認薬)を買わされてしまうケースもあります。バイアグラジェネリックを安心して購入、使用するには、どうするべきなのでしょうか。

目次

  1. バイアグラジェネリックの輸入と偽物の確率
  2. 海外個人輸入のリスクと詐欺
  3. 海外通販での失敗談から学ぶこと

バイアグラジェネリックの輸入と偽物の確率

55%が偽造薬であるという調査結果もあります。

バイアグラジェネリックを購入する方法としては、クリニックで購入するか、個人輸入代行を利用するかという2種類が主に考えられます。クリニックで購入する場合は、まずクリニックに行くところから始まります。

しかしその時間がとれない、またはクリニックに行くのが恥ずかしいという理由から、その決心がつかない場合もあります。そういう点から考えると、バイアグラジェネリックの個人輸入代行は便利なのかもしれません。

また、海外製のバイアグラジェネリックには、日本で購入できるものよりも価格が安く設定されているものもあります。ED治療の費用を少しでも抑えたいと考えると、魅力的な方法のように思えるかもしれません。

しかし、バイアグラやバイアグラジェネリックをはじめとするED治療薬には、偽造薬が非常に多いことが知られています。インターネット上で流通しているED治療薬のうち55%が偽造薬であるとも言われており、そのような中からED治療薬を購入するのは、危険がともなうと言わざるを得ません。

海外個人輸入のリスクと詐欺

効果が出ないだけでなく、重篤な副作用を引き起こす可能性もあります。

クリニックでは、バイアグラジェネリックに関する正しい知識を得ることができます。服用の際に気を付けること、飲む量などに関しても、安全で安心な治療を続けることができると言えるでしょう。長期にわたる可能性もあるED治療において、この安全・安心というのは非常に大切なことです。

しかし海外からの個人輸入代行を利用した場合、それらの適切な説明を望むことはできません。
これはまだバイアグラが日本で承認される前の話ですが、個人輸入でバイアグラを購入していた人が、併用禁忌薬である硝酸剤とともに服用し、心停止ののちに死亡するという事故が起こっています。このように、医師の説明を受けないままED治療薬を服用していると、文字通り取り返しのつかないことになってしまう恐れがあるのです。

また、個人輸入だと偽造薬を買わされてしまう可能性が捨てきれません。
ものによっては、服用してもまったく効果がないということも考えられます。しかも個人輸入は完全に自己責任ですから、仮に治療薬が偽物で効果がない、あるいは副作用が発症したという場合でも、自己責任で対応しなければなりません。

医師の処方の元、正規の医薬品によって副作用を発症した場合、日本では「医薬品副作用被害救済制度」が利用できます。副作用によって重篤な健康被害が生じた場合のみ、年金や医療費などの給付を受けられる制度です。ここに対して、処方箋なしで個人輸入により購入した医薬品は、「医薬品副作用被害救済制度」の対象になりません。完全自己責任での使用することになります。

また、たとえ偽造薬ではなく正規品同様の成分が配合された治療薬であっても安心はできません。医薬品製造における衛生面や品質管理の基準は、国によって異なります。購入した医薬品が、劣悪かつ不衛生な環境のもとで製造された可能性も否定できません。つまり、本物であっても品質の保証はないのです。

料金が安いというのはひとつの魅力かもしれませんが、安全で安心な治療を続けながら効果がしっかりとあらわれる、それに勝るものはないのではないでしょうか。

海外通販での失敗談から学ぶこと

やはり、クリニックでの購入が安心です。

ED治療関係の口コミをチェックしたことのある方も多いと思いますが、やはり「治療薬が高いのがなあ」「個人輸入なら安くすむよ」という声を見かけることがあります。それらは、たしかに間違った情報ではありません。「安く済む」という情報だけを見ると、魅力的な購入手段のように思えるかもしれません。

しかし一方で、偽物を購入してしまう危険性も非常に高いです。また正しくバイアグラジェネリックを購入できたとしても、その服用に必要な知識を得るためには、やはりクリニックで医師から直接説明を受ける必要があります。

医師から処方されたED治療薬を服用しながら、医師の適切な説明に従って治療を続ける。やはりこれが、もっとも正しく、もっとも効果の得られる治療法です。クリニックに行く手間や治療薬の料金で迷ってしまうかもしれませんが、長期的に見れば、クリニックに行かれることをおすすめします。

相談しにくい悩み。一人で抱え込まず、
安心できるクリニックを探してみてください

ED治療

おすすめクリニックはこちら