札幌でED治療するなら、バイアグラでの治療が1番

先発品とジェネリックはどっちが効果的?

ここでいう「先発品」とは、ファイザー社が開発したオリジナルのバイアグラのことです。
これに対し、ジェネリック(後発医薬品)のバイアグラは、このファイザー社以外の会社が製造・販売している薬のこと。ファイザー社以外の製薬会社が作ったバイアグラですので、効果の差が気になる人も多いはず。
そこで、先発品とジェネリックの特徴と効果について見ていきましょう。

バイアグラの先発品とジェネリックの違い

先発品のバイアグラ

長い開発期間を経て、非臨床試験・治験のデータを集め、厚生労働省に初めて認可されたバイアグラです。
新薬開発には莫大な費用が必要となるので、費用の回収のため、販売時に特許料が発生します。
特許期間は20~25年。その間まで長く多くの人が利用しており、その効果と実績は非常に高いといえます。

ジェネリックのバイアグラ

ジェネリックのバイアグラは、ファイザー社が開発したバイアグラの特許が切れたことを受け、ファイザー社以外の会社が製造・販売しているバイアグラです。
別の会社が製造しているため、効果や体への影響に問題があるのでは、と考える人も多いです。しかし、どのジェネリック医薬品も厚生労働省の認可を受けているため、効果や体への負担は先発品とほぼ変わりません。製造している工場も、厚生労働省の基準に達した工場のみが製造を認められているので、品質に関しても問題はないといえます。
ジェネリック医薬品は、有効成分の種類や量・用法用量・効果効能は先発品と同じように作られています。先発品との違いは、特許料がかかっていないため非常に安いことです。
また、薬の形状・味・色・添加物などは会社ごとに変えられるため、先発品よりも飲みやすく改良されているなどの特徴もあります。

プラシーボ効果によって効き目が変わる

先発品とジェネリック医薬品の品質や効果は、全くといっていいほど変わりません。
しかし、実際に飲み比べた人の中には、明確な違いがあったと証言する人も多いのです。
その原因について、多くの医師は「プラシーボ効果」による違いだと説明しています。

プラシーボ効果とは?

プラシーボ効果とは、簡単にいえば「思い込み」による効果のことです。
要するに、体に良い薬だと信じて飲めば、飲んだ後に体の調子が良くなったように思えたり、逆に体に悪いものだと信じていると、飲んだ後に不調を訴えたりするのです。
しかし、たかが思い込み、と軽く考えることはできません。実際にこのプラシーボ効果は医療の現場でも取り入れられています

医療現場で処方されるプラセボ錠

プラシーボ効果を使った薬は、プラセボ錠と呼ばれます。
プラセボ錠は薬効成分のない乳糖・ブドウ糖の錠剤であり、医薬品と偽って患者さんに処方します。プラセボ錠を飲んだ患者さんは、「効果の高い医薬品を飲んだ」と思い込むプラシーボ効果により、本当に体の調子が良くなるのです。
プラシーボ効果は、脳の期待や快楽を司る「報酬中枢」に深く関わっているとされています。この報酬中枢が刺激されると、人の免疫力を高める効果があるため、強化した免疫力によって体の調子が良くなるというメカニズムなのです。
プラセボ錠のメリットは、患者さんの費用負担が低く、さらに通常の医薬品のような副作用がないこと。体の免疫力だけで治せると医師が判断した場合、このプラセボ錠が処方されることがあります。

先発品・ジェネリック医薬品とプラシーボ効果の関係

バイアグラの先発品とジェネリック医薬品の効果に差があるのは、プラセボ錠にみられた「思い込み」の影響があげられます。
「オリジナルである先発品のほうが効く」と思い込み、プラシーボ効果によって高い効果を実感した人。
または「ジェネリック医薬品は効かない」と思い込んでしまい、プラシーボ効果と逆の作用が働くことで効果が実感できなかった人。
こうした人が、先発品とジェネリック医薬品の違いをあげているわけです。
思い込みの差ですが、1度先発品とジェネリック医薬品にこうしたイメージを持ってしまうと、なかなか払拭することができません。
どうしてもジェネリック医薬品に不信感を持ってしまう人は、先発品のバイアグラを使用したほうが良いかもしれません。

バイアグラジェネリックの種類

バイアグラジェネリックは数が豊富

バイアグラジェネリック(シルデナフィル錠)は、国内でさまざまな製薬会社が販売しています。
主な国内産シルデナフィル錠は、キッセイ薬品・富士化学工業・テバ製薬・東和薬品・あすか製薬・シオノケミカル・陽進堂・大興製薬の8社が主に製造・販売しています。
国内メーカーの販売するシルデナフィル錠は、25mgから50mgまで販売しています。ファイザー社の販売するバイアグラより費用が安く、色や形状・味などを飲みやすいように改良しているのが特徴です。

1 シルデナフィルVI50mg(キッセイ薬品工業株式会社)

新薬開発をメイン事業とする「キッセイ薬品工業」が、製造・販売しているシルデナフィル錠です。
色はファイザー社同様に青で、形は円形なのが特徴。
効果も先発品のバイアグラと同じで、効果発現時間は約30分~1時間、持続時間は3時間~6時間です。

2 FCI(富士化学工業株式会社)

創業から70年以上の歴史がある富士化学工業が製造・販売しているシルデナフィル錠です。
FCIの特徴は、ファイザー社のバイアグラと非常に似ているということ。
色や形状も全く同じで、成分や添加物にいたるまで、バイアグラと同一の成分にしています。
このFCIのメリットは、見た目や効果が同じであるため、今までバイアグラを使っていた人でも抵抗なく利用ができるということ。
今までバイアグラを利用してきた人ですと、急にジェネリック医薬品に変えるとなると、効果や副作用について不安に思う場合があります。不安感を抱くと、プラシーボとは逆の効果が現れる可能性もあるため、実際に満足した効果が得られない場合もあるのです。
このFCIは、見た目も効果もバイアグラと全く同じですから、こうしたプラシーボによる問題も起きません。
費用はバイアグラよりも安いため、費用負担をおさえながらバイアグラでの治療を受けることができるでしょう。

3 シルデナフィル「VI」テバ(武田テバ株式会社)

有名製薬会社の武田薬品と、世界ナンバーワンのジェネリックメーカーのテバ製薬の合弁会社「武田テバファーマ」が製造・販売するシルデナフィル錠です。
効果に関してはバイアグラや他のシルデナフィル錠と遜色はありません。
しかし、キッセイや富士化学工業とは違い、円形で薄いピンク色の見た目をしているのが特徴です。
通常のバイアグラとは違い、薬剤の見た目が目立たないため、バイアグラの見た目に抵抗がある人、周りにバイアグラを使用していることが知られたくない人は、好んで利用できるでしょう。
価格も安く、偽造薬対策もしていることから、安心して購入ができるという点も魅力です。

インド製のバイアグラジェネリックは危ない!?

海外製のバイアグラジェネリックは、そのほとんどがインドの製薬会社が製造したジェネリック医薬品です。
国内では「カマグラ」、「シラグラ」、「スハグラ」、「カベルタ」の4つが有名で、いずれも多くの個人輸入会社が販売するシルデナフィル錠です。
価格が非常に安いのが特徴で、ネット通販によって個人で入手できる手軽さから、利用を考えたことがある人も多いでしょう。
しかし、こうした海外製の薬は日本の厚生労働省からの認可は受けていません。
つまり、品質や効果、体への影響などについて保証がないため、利用することで健康被害を受ける可能性があるのです。
実際にシンガポールでは、違法に作られたバイアグラによって4人が命を落とすという事件が起きています。安く、手軽に手に入れられるからといって、安易に海外製のバイアグラを購入するのは危険だといえるでしょう。

バイアグラジェネリックを処方してくれるクリニックをご紹介

国内のED治療クリニックは、海外メーカーのシルデナフィル錠を使用しません。費用削減のために個人輸入をするような悪質なクリニックでない限り、厚生労働省が認可した工場・メーカーのシルデナフィル錠を処方してくれます。
しかし、そうはいっても初めてED治療を受けるという人であれば、どのクリニックが悪質か、そうでないかを判断するのは難しいはずです。
そこで、札幌で高い人気・実績を誇るクリニックをご紹介します。

札幌でおすすめのED専門クリニック

イースト駅前クリニック札幌院

JR札幌駅から徒歩1分の位置にある、イースト駅前クリニックの札幌院です。
看板はシンプルに「EAST」としか書かれていないため、一般の人にはどんな施設なのかがわからず、近づいたとしても周りの人からジロジロと好奇の目で見られる心配はありません。
2017年7月に開院したため、クリニックの施設は比較的綺麗。
アスティ45の駐車場と提携しているので、マイカーを所有している人は、車で快適に通院することもできるでしょう。受付時に駐車証明証を提出することで、1時間無料のサービス券をプレゼントしてくれるなど、嬉しい特典もつけてくれるのも魅力です。
他のイースト駅前クリニック同様、初診・再診の診察料が無料・予約不要でスケジュールに合わせて行ける・スマホ診察で時間の短縮ができるといったメリットがあります。
また、扱っているED治療薬もファイザー社正規品のバイアグラや、キッセイ薬品・富士化学工業・武田テバ株式会社のシルデナフィル錠を扱っているため、安心して治療を受けられます。

バイアグラの価格 ファイザー社バイアグラ
・25mg/1錠 1,300円
・50mg/1錠 1,500円
シルデナフィルVI50mg(キッセイ薬品工業株式会社)
・50mg/1錠 980円
FCI(富士化学工業株式会社)
・50mg/1錠 980円
シルデナフィルVIテバ(武田テバ株式会社)
・25mg/1錠 780円
・50mg/1錠 980円
住所 北海道札幌市中央区北4条西5丁目 アスティ45 6F
TEL 011-213-0181
最寄り駅 JR 札幌駅 地下直結
休診日 月・火曜日
診療時間 水 木 金 土 日 祝
午前 10:00~13:30 10:00~18:00
午後 14:30~19:00

札幌上野クリニック

全国に14医院を展開する、上野クリニックの札幌院です。
北海道札幌市の北コートレードビル3Fにあります。
包茎手術のイメージが強いですが、ED治療や性感染症、育毛治療・美容施術など、男性のさまざまな悩みに対処できるのが特徴。
旅行先で問題が起きたとしても、全国ネットワークにより、旅行先のクリニックが対応できるほか、24時間受付のメール相談、受付から診察、治療まですべて男性スタッフが行ってくれるなど、患者さんが安心して治療ができる体制を整えています。

バイアグラの価格 ファイザー社バイアグラ
・50mg/1錠 1,800円
シルデナフィルVIテバ(武田テバ株式会社)
・50mg/1錠 980円
住所 北海道札幌市中央区北4条西2 北コートレードビル3F
TEL 011-252-6000
最寄り駅 JR函館本線札幌駅より徒歩1分
休診日 水・木曜日
診療時間 月 火 金 土 日
10:00~20:00

札幌中央クリニック

開院25年の歴史のあるクリニックであり、全国に20院が開院しています。
レーザー脱毛や二重整形、タトゥー除去など、女性向けの施術を行うクリニックとして有名ですが、男性向けのED治療も行っています。
このクリニックの最大の特徴は、「ED1000」と呼ばれる最新の治療機器の利用ができること。低出力の衝撃波により血管を再生し、血管性EDの治療ができるといわれています。
ED治療薬での効果が実感できない場合、このED1000の治療を受けてみてもよいでしょう。

バイアグラの価格 ファイザー社バイアグラ
・25mg/1錠 1,500円
・50mg/1錠 2,500円
住所 札幌市中央区大通西2丁目5番 都心ビル4F
TEL 0120-013-609
最寄り駅 地下鉄大通駅19番 出口直結
休診日 不定休
診療時間 月 火 水 木 金 土 日 祝
10:00~19:00

専門クリニックで処方されるバイアグラのジェネリックを服用しよう!

EDは風邪のように、薬を飲むだけで簡単に治る病ではありません。
治療するには、バイアグラなどの治療薬を長期間使用しなければならず、費用負担も高額なものとなります。
バイアグラと同じ効果で、費用の安いバイアグラジェネリック「シルデナフィル錠」なら、通常のバイアグラの約半額で買えるため、シルデナフィル錠に変えるだけで、大きな治療費の節約となるでしょう。
専門のクリニックなら、リスクの高い海外製のシルデナフィル錠ではなく、国内メーカーのシルデナフィル錠を処方してくれるため、安心して服用できます。

相談しにくい悩み。一人で抱え込まず、
安心できるクリニックを探してみてください

ED治療

おすすめクリニックはこちら

クリニックの選び方