シアリスのジェネリックは安上がり?同じ効果を期待できるのか

シアリスとはどのような薬か

ED治療薬の中でも、バイアグラ、レビトラに次いで開発された第三世代の薬剤です。バイアグラやレビトラと違ったコンセプトで開発された治療薬です。その特徴について紹介します。

シアリスとは1

シアリスの主要成分は、ED治療に有効とされるタダラフィルです。タダラフィルは正常な勃起機能を妨げる酵素「ホスホジエステラーゼ タイプ5(PDE5)」を阻害することができます。これにより勃起が正常に行われるようになります。

シアリスとは2

長時間の作用が特徴的で、これは第一世代のバイアグラや第二世代のレビトラにはない性質です。バイアグラの持続時間が4~6時間で、レビトラなら6~10時間程度です。一方シアリスは24~36時間というバイアグラの最大時間の6倍近くの有効時間の長さを誇ります。

シアリスとは3

ED治療薬の中でも人気が高くて、世界市場で現在もっとも流通している治療薬です。理由は上記の作用時間の長さにもありますが、副作用の程度も他の2種類とは比較的軽微であることも要因となっています。

シアリスとは4

ED治療薬はある程度のカロリー摂取を行うと、効果に影響を受けてしまうという性質を持っています。しかし、シアリスは、比較的に食事やアルコールの影響を受けづらい薬品なので、性行為前の行動も気にしなくていいというのが重宝されている理由です。
一方でシアリスには、後発医薬品(ジェネリック)が既に存在しています。次はこのジェネリックの特徴について紹介していきます。

シアリスのジェネリックについて

シアリスをはじめとした新薬は、特定の製薬会社によって多大なコストと時間を費やすことで開発されています。それらの利益を保証するために、特許期間を設けて利益を回収するようになっています。
しかし、特許期間が切れた後はその新薬と同じ成分で医薬品を作ることが認められています。新薬を先発医薬品と呼ぶのに対し、のちに同じ成分で異なる製薬会社が製造販売するものを後発医薬品(ジェネリック)と呼びます。
ここでは日本でのシアリスジェネリックの立ち位置や、その特徴などを詳しくみていきましょう。

シアリスジェネリック1

日本国内には、まだ厚生労働省認可のシアリスのジェネリック医薬品が存在していません。そのため、シアリスジェネリックは医療機関経由で入手することができません。日本国内での取り扱いの認可が下りるまで、別途で入手するほかありません。

シアリスジェネリック2

シアリスの特許期間は2018年頃まで推測されていて、最長でも2023年にはジェネリック医薬品の販売が一般化されます。当然、日本国内での取り扱いも始まると見込まれています。

シアリスジェネリック3

インドでは、日本と特許法が異なるため早期から新薬と同じ成分の薬品製造が認められています。そのためシアリスジェネリックの開発・販売も既に多くのメーカーが行っています。

シアリスジェネリック4

インドをはじめとした海外では既にシアリスジェネリックの流通があるので、個人輸入などで輸入することが可能です。薬機法では、国内の医療機関で販売・取り扱いを承認されていない医薬品でも、処方箋なしに個人での輸入が認められています。
ここではシアリスジェネリックの特徴や、流通の状況などを説明しましたが、次はシアリスジェネリックの細かい効能や副作用についてみていきます。シアリスジェネリックはオリジナルのシアリスと比べて効果や副作用に違いはあるのでしょうか?

シアリスジェネリックの効果や副作用は?

シアリスジェネリックは基本的にオリジナルのシアリスと同じ成分を配合されて製造されているので、効果や副作用の面でもほとんど同じものになります。ただしメーカーによっては、プラスαの成分を配合し、服用方法を工夫したものもあります。ここでオリジナルのシアリスを参考に効果や副作用についてみていきましょう。

シアリスの効果

シアリスの主な効果は次の通りになります

  • ・10㎎でおよそ20~24時間、20㎎で30~36時間程度の持続時間がある。
  • ・勃起不全の改善作用は徐々に現われる。
  • ・他の治療薬に比べて食事や飲酒による制約が少ないので、自由度が高い。

バイアグラやレビトラと違い服用から、作用が出るまでにある程度のタイムラグが存在します。しかし、その分多く体内に浸透し、長時間の持続効果を発揮することができます。これがシアリスのコンセプトです。こちらの性質はジェネリックの方でも同様ですが、吸収率を上げるために錠剤以外にも、ゼリー、舌で溶かすフィルムなどより有効成分が吸収されやすいように配慮されたデザインがあります。

シアリスの副作用

シアリスの副作用は主に次のような症状が当てはまります。

  • ・頭痛
  • ・肌の赤らみ
  • ・顔の火照り
  • ・消化不良

国内で臨床された用量反応試験において、確認された副作用の総症例です。
症状の程度にも個人差がありますが、257例中70例(27.2%)から何らかの副作用が確認されました。こちらはオリジナル、ジェネリックを問わずシアリスなら十分に起こり得る発症率です。いずれも深刻な悪影響がある作用ではありません。

また商品によっては勃起効果に加えて、早漏防止効果の期待できる「ダポキセチン」が配合されたシアリスジェネリックも存在しています。
自分にあった効能を持ったジェネリックを探すことでより、効果的なED治療薬を服用することができます。

海外製シアリスジェネリックの注意点

海外で流通しているジェネリックシアリスは、オリジナルのシアリスより低価格で、様々な工夫を付与した製品も数多く存在しています。
しかし、それらを入手するには個人輸入などの方法しか存在せず、品質保証がされにくい特性があります。そのため、偽薬を購入してしまっても確認する手段がありません。
シアリスジェネリックはオリジナルを改良して様々な種類が流通しているゆえに、それだけ偽薬の流通も多い傾向にあります。もし偽薬を服用した場合には、効果の十分な実感ができないどころか思わぬ健康被害に遭う可能性もあります。

ジェネリックを購入する際は、それらのリスクを踏まえたうえで比較的、信頼性の高い流通ルートで購入しましょう。
しかし、最も安全性が高いのは、国内流通を認可されたオリジナルのシアリスなので、体の安全を最優先にしたい場合は、医療機関で処方されるシアリスを服用することをおすすめします。

シアリスのジェネリックを使う際には注意が必要

オリジナルやジェネリックを問わず、効能や副作用の正しい把握が必要です。それを前提にしたうえで、シアリスジェネリックは、デザインの違いから効能に微妙な差や特徴があります。信頼できるものならいいのですが、中には偽薬の可能性を疑った方がいいものもあります。万が一、偽薬のシアリスジェネリックを服用で何らかの健康被害をきたしてしまってもそれはすべて自己責任になってしまいます。そういった事態にならないよう、便利でリーズナブルだからといって飛びつくのではなく、細心の注意を払って購入するようにしましょう。

相談しにくい悩み。一人で抱え込まず、
安心できるクリニックを探してみてください

ED治療

おすすめクリニックはこちら

クリニックの選び方