シアリスにはどんな効果がある?実際の体験談をチェック!

シアリスの体験談1~30代前半男性のケース~

結婚3年目にしてEDに悩まされるようになりました。
決して妻に魅力がなくなったのではなく、最近仕事が忙しくて、いつも帰りが深夜遅くになってしまうので、おそらく疲れが原因なのでしょう。
このことに最も動揺していたのは妻でした。本人も子供を欲しがっていましたし、彼女の両親も孫はいつかと会うたびにせっついてきます。「このままいくと子供が産めない体になる」「両親に顔向けできない」などと口にしており、妻はだんだんと精神的に追い詰められてしまいました。ついには僕の浮気を疑われ、彼女の両親まで加わる修羅場に発展してしまったのです。
初めは妻に対して「なんてヒステリックな奴だ」などと考えていましたが、冷静になると、子供を欲する妻の気持ちを全く考えていなかった自分が情けなく思えてきました。
「単なる疲れ」で片づけてはならない。そう思い、ED治療クリニックでの治療を受けようと決心したのです。

シアリス使用の時期・効果・感想


1 いつごろから使用しているか

半年前から飲み続けています。
初めはバイアグラが処方されたのですが、思ったような効果が得られませんでした。医師に相談したところ「バイアグラが体質に合っていないかもしれない」ということで、このシアリスを処方してもらったのです。

2 シアリスの効果

飲んでから大体1時間ほどで効果が現れました。10代や20代のころのような硬さが蘇り、自分でも驚くような効果が得られましたね。

3 飲んでみた感想

シアリスを飲んで1時間後、顔のほてりが現れ、鼻水が出るようになりました。シアリスが効き始めると、血管が拡張し、こうした効果が出るようです。
行為中は中折れすることもなく、最後まで硬さを維持できました。バイアグラの場合、行為後も勃起が収まらないことがあったのですが、シアリスの場合は射精後すぐに収まるため、使いやすいと感じました。バイアグラを飲んだ時のような、頭痛が起こらなかったのも良いですね。
ただ、効果が長時間続くので、飲んでから3日は効果があったのは少し使いづらいと思えました。以前はスマホでエッチな広告を見てもなんともなかったのですが、飲んでからだとうっかり反応してしまうこともあるため、そういった広告は見ないよう気をつけてます (笑)

ドクターから一言

EDといえば40代~50代から悩まされる問題だというイメージですが、最近では20代、30代の若い世代も当院へ訪れます。
若い世代がEDに陥る原因の多くは、心因性によるもの。仕事でのストレスや人間関係、将来への不安感など、日頃から強いストレスにさらされ、EDを発症してしまうのです。
この男性の場合、仕事でのストレスもそうですが、奥さんとの意識の違いも、ストレスの要因となっていたのでしょう。
心因性のEDを治すには、ED治療薬の使用と同時に、ストレスへの対処も重要となります。当院ではED治療薬の処方と、カウンセリングによる心理療法によって治療を行いますが、重度のトラウマや強迫性障害などの問題が見られる場合、心療内科への治療もおすすめしています。
シアリスの体験談2~40代前半男性のケース~
最近になってから、勃起しづらいことに悩まされています。
離婚してから2年。そろそろ将来的にも再婚しなければ、と考えているのですが、最近では女性の体を見ても、ほとんど反応がしなくなってしまいました。
原因は年齢のせいもあるかもしれませんが、元の妻がいなくなってから、食事は弁当やファーストフードがメインとなったことも考えられます。休日もほとんど出かけず家で過ごすようになりました。そんな不摂生な生活がEDなどの体の不調をもたらしたのかも。
体型も見事なオジサンになってしまい、こんな状態では再婚することも難しいです。このままじゃイカン!そう考え、生活の改善と同時に、ED治療のクリニックへ通うようになりました。

シアリス使用の時期・効果・感想


1 いつごろから使用しているか

最近治療を始めたので、使い始めてからまだ2週間程度です。

2 シアリスの効果

私の場合、飲んでから40分くらいで効果が現れました。最大で36時間効果が持続すると聞いていたので、強い効果があるのではと心配していたのですが、意外にも効果はマイルド。しかし勃起の硬さや持続力はしっかりと感じられました。

3 飲んでみた感想

飲んだ時は体に変化がなかったため、全く効いていないんじゃないか?と不安になりました。しかし、飲んでから40分くらいで動悸が現れ、ジワジワと体が熱くなる感覚がありました。試しにアダルトDVDを見たところ、ここしばらくなかった勃起ができるようになったのです!
硬さに関してはまだまだといった様子ですが、治療を続ければ若いころのような勢いが取り戻せる気がしましたね!

ドクターから一言

この方の年齢とEDになった経緯について見ると、離婚や将来への不安によるストレスがEDの原因のように思えます。
しかし、読み進めると「不摂生な生活をしていた」という一文がありました。そのため、もしかすると糖尿病や高血圧がEDの原因となっている可能性もあります。
糖尿病や高血圧といった生活習慣病は、EDを引き起こす要因の一つです。しかも、生活習慣病になるとシアリスの治療効果も下がることがあるため、治療薬を飲んでもしっかりとした効果が得られないのです。
直接診察したわけではないので、原因について確かなことはいえません。しかし、生活習慣病がEDの原因である場合、まずは生活習慣の改善から行う必要があります。

シアリスの体験談3~50代後半男性のケース~

ここ数年で、勃起のしづらさをひしひしと実感できるようになりました。
女房とはすっかりご無沙汰で、特に勃起ができなくて困るといったことはありません。しかし、性欲は若いころ同様にあるのに、体の方はヘナヘナといった状態です。正直、男として虚しい気持ちを抱いてしまいます。かつての若いころのような勢いを取り戻したい、そしてあわよくばまた女房を喜ばせてあげたい。そんな思いから、ED治療クリニックの門を叩いた次第です。

シアリス使用の時期・効果・感想


1 いつごろから使用しているか

およそ4ヵ月前から使用しております。

2 シアリスの効果

かつてのような勢いはありませんでしたが、数年ぶりにムスコを勃起させられ満足しています。

3 飲んでみた感想

バイアグラは年齢が高いと危険だという噂を聞いたので、医師に頼み、副作用が最も低いシアリスを処方してもらいました。水と一緒に飲んだところ、だいたい1時間ほどで軽い頭痛やほてりが現れました。症状自体は軽く、耐えられないほどのものではなかったですね。勃起に関しては、全盛期ほどの硬さはありませんでしたが、きちんとムスコを勃起させることに成功しました。この歳でも諦める必要はないのだと、そんな自信が得られました!

ドクターから一言

40代、50代の男性になると、年齢による問題からEDに悩まされやすくなります。
かつてはED治療薬といえば、どの年齢層でもバイアグラが圧倒的に支持されてきました。しかし最近では体への負担が少ないシアリスが、多くの男性に選ばれつつあります。
当院でも、患者さんが希望すればこのシアリスを処方します。しかし、ED治療薬は人によって効果が変わるため、誰でも満足できる効果が得られないのも事実です。もしシアリスを使って満足いく効果が得られない場合、バイアグラやレビトラといったED治療薬を処方します。
また、バイアグラといえば、年齢の高い人にとって負担が大きいというイメージです。しかし、用法用量を守りさえすれば、高齢の人でも問題なく使用できます。そのため、バイアグラでの治療を受ける場合も心配は無用です。

シアリスは服用方法を間違えると効果が出ない

上記の口コミを見ると、誰でも高いED治療効果が得られると思えます。しかし、服用方法を間違えてしまうと、せっかくの高い効果も得ることができなくなるため、注意しなければなりません。
では、シアリスの効果が下がってしまう飲み方とは、一体どんな飲み方なのでしょうか?

効果がなかったパターン


パターン1 薬と相性が合わなかった
バイアグラ・レビトラ・シアリスの3つは、それぞれ効果が現れるまでの時間や、効果が持続する時間、食事などの影響や副作用の問題など、薬剤によって効果は変わってきます。
多くの人は好みの薬を選ぶでしょうが、選んだ薬が体質的に合っているとは限りません。体質によっては満足できる効果が得られないことがあるため、処方した薬が効かない場合、別の薬が処方されることがあります。
パターン2 食事を食べすぎた
バイアグラは食事や飲酒によって効果が下がってしまいます。シアリスはそんなバイアグラの弱点を克服したED治療薬ですが、過度な量を食べすぎたり、お酒を飲みすぎたりすれば、バイアグラ同様に効果が下がってしまいます。
シアリスの効果が下がるとされている食事量はおよそ800kcal。ハンバーガー1個がおよそ300kcalなので、ハンバーガーを約3個以上食べると問題となります。
また、これらのカロリー計算はあくまで目安であるため、たとえ食事量が800kcal以内だったとしても、人によって効果が下がってしまう恐れもあります。シアリスの効果が実感できない場合、満腹になるまで食べることを避けるか、空腹の状態で利用するのが好ましいといえます。
パターン3 お酒を飲みすぎた
シアリスは、バイアグラとは違いアルコールによる影響を受けにくいED治療薬です。
しかし、だからといっていくら飲んでもよいというわけではありません。お酒と一緒に飲むことで、シアリスの副作用(頭痛・吐き気・体のほてりなど)が強まる恐れがあります。
また、お酒はたくさん飲むと中枢神経の働きを鈍くしてしまうため、勃起がしづらくなってしまいます。習慣的に大量の飲酒をしていると、精力を高める栄養素の欠乏や、男性ホルモンを作る肝臓の機能が低下するなどの問題により、EDの症状がさらに重くなってしまいます。いくらシアリスなどのED治療薬を飲んでいても、過度の飲酒によって勃起力が衰えてしまっては、満足な効果は得られないでしょう。
しかし、飲酒量が「適度な」量であれば、ED治療によい効果を与える場合もあります。
お酒は適度な量であれば、副交感神経を優位にさせます。副交感神経は勃起をさせるために重要な神経であるため、適度な飲酒量を心がければ、EDの改善を後押ししてくれる場合もあるのです。
飲酒量に関しては、「副作用が現れない程度の適度な量」に抑えましょう。食事とは違って、この適度とされる量は個人の体質によって変わります。そのため、始めにお酒を飲まない状態でシアリスの効果を実感し、その後で少量ずつお酒を飲んで、どれくらい飲むと効果が下がるかを調べるとよいでしょう。
パターン4 シアリスに頼りすぎていた
シアリスは服用すれば必ず強制的に勃起ができる薬ではありません。シアリスにはバイアグラ同様、勃起を抑制してしまう酵素をブロックする効果、つまり「通常の勃起ができる状態に戻してくれる」作用しかないのです。
これはどういうことかというと、過度な飲酒や喫煙・強いストレス・生活習慣病である高血圧や糖尿病といったEDを誘発する問題を放置していると、いくらシアリスを服用していても効果が十分に得られない場合がある、ということです。
勃起を抑制する酵素をシアリスでブロックしても、血行を悪くしてしまうタバコや高血圧・交感神経を優位にさせ勃起がしづらくなる飲酒やストレス・陰茎内で神経障害を引き起こす糖尿病を放置していては、いくらシアリスを使ってもEDを改善させることは難しいでしょう。
EDを改善させるには、シアリスはあくまでED改善のサポートと考え、日頃の生活習慣を改めるなどの本人の努力も重要なのです。

シアリスはクリニックで処方してもらおう

シアリスはネット通販などでも購入は可能ですが、EDをしっかりと治したいなら、クリニックで処方してもらう方法が一番です。
クリニックでは、厚生省に認められた正規品のED治療薬を扱っており、薬を正しく飲む上での用法用量をきちんと教えてくれます。
また、定期的な診察によって、薬の効果を調べ、診察結果によって薬の量や種類を柔軟に変えてくれるため、ED改善において心強い味方となります。
EDは薬さえ飲めば治るといった単純な問題ではありません。きちんとした治療を受けるには、クリニックでの診察を受ける必要があります。

相談しにくい悩み。一人で抱え込まず、
安心できるクリニックを探してみてください

ED治療

おすすめクリニックはこちら

クリニックの選び方