【ED治療初心者必見】バイアグラ処方までの流れを知ろう!

バイアグラは国内で製造販売が承認されている医薬品のため、購入するには医療機関からの処方箋が必要です。ここでは、院内処方と院外処方での違いや通販サイト、個人輸入でバイアグラを購入する際の処方箋の必要性について紹介していきます。

バイアグラには処方箋が必要なの?

バイアグラは日本で製造販売を承認されているED治療の医薬品です。このバイアグラには、副作用や併用禁忌薬があります。誤った服用で患者の健康被害を未然に防ぐ意味でも、専門医による処方箋が不可欠です。
処方箋には患者の保険者番号、医療機関名とその連絡先、処方した医師の名前、薬の名前と形状、用法用量などが記載されています。薬剤師によっては、処方された薬が適正なものかを確認するために、患者の状態や病状について質問することがあります。
処方箋が発行されることで、患者への4つのメリットがあります。
・担当医師の診察が文書として記録に残る。
・処方された薬の内容を自身で把握することができる。
・専門の薬剤師が処方箋の内容が的確か判断できる
・患者人の意思で調合薬局を選択することができる※院外処方の場合
また、病状とは刻一刻ごとに変化していくものです。その時に最善だと判断された処方薬が、後日の健康状態でも有効だとは限りません。処方箋が有効なのは医師の診察から4日以内とされています。
専門医と薬剤師、それぞれの分野からの視点で、患者をサポートする仕組みを医薬分業といいます。これが日本の医療の基本理念なので、処方箋はこの仕組みを支える欠かせない文書です。

通販サイトや個人輸入でもバイアグラの処方箋が必要?

通常、国内での医薬品の取り扱いにおいては、処方箋なしでの医薬品提供は薬事法で禁止されています。本来、医薬品の利用は身体にかかわる重要なことです。医師は病状に対する正しい認識と、適した医薬品を提示する責任があるという考えに基づいてのしくみです。
一方で、個人輸入の場合あくまでも、利用されるのは患者人の自己判断のため医師に責任は生じません。よく耳にする医薬品の代行輸入サービスは、医師や薬剤師が行っているわけではありません。そのため患者自身が必ず購入される前に、医薬品に対して十分に正しい知識を踏まえておく必要があります。自己責任での利用になるので、処方箋手続きをする必要はありません。
この個人輸入によくあるトラブルとして、「出費を抑えようと安価な粗悪品を購入してしまうこと」があげられます。個人輸入を利用する場合は、安心で安全な医薬品を選定してくれる個人輸入代行サービスを頼りましょう。ただし、代行業者の中には悪質な業者がいる場合も考えられますので、事前に信頼のおける業者か確認をしておきましょう。
処方箋不要で購入できるのが、個人輸入の特徴です。しかし、こちらはすべて自己責任なので当然、メリットもデメリットもあります。症状や副作用、飲み合わせなどに十全の理解をした上で、海外医薬品の利用を検討してください。

バイアグラは「院内処方」と「院外処方」で処方箋のあり方に違いが!

バイアグラを用いたED治療においても、院内処方・院外処方で処方箋に違いが生じます。病院内の薬局で調合して、直接受け取るのが院内処方、病院で処方箋を発行してもらい調剤薬局へ処方してもらうのが院外処方です。この二つの方法にはそれぞれ特徴があります。その特徴を踏まえたうえで、院内処方ならではのメリット・デメリットや院外ならではのメリット・デメリットが存在します。事前にそれらについてよく理解しておくことで、安心してバイアグラを購入することができます。

院内処方

「院内処方」のメリットは、いろいろな手順を省略できて、効率が良いところにあります。例えば調剤薬局での手数料がかからないため、自己負担額の軽減になります。また別途で薬局に行く手間と時間が短縮できるので、一度の会計で済ませることができます。加えて患者の希望で、医薬品の変更・追加や日数の調整など融通が利きます。さらに連携が密で随時、診療内容を確認でき、的確に用法用量の指示が受けることができるのも魅力です。
バイアグラを取り扱っている医療機関は、院内処方が多い傾向にあります。その理由は、患者への負担を最小限にする配慮と、医師側と薬剤師側の食い違いをなくし連携力を上げることにあります。このように院内処方では、利便性・経済性・適格性・柔軟性において優れていることがわかります。効率的な処方を求めるのなら院内処方で治療を行なったほうが都合の良い場合があります。

院外処方

院外処方は、医療機関で処方箋を受け取り、調剤薬局で薬剤を受け取ることです。複数の医療機関から薬剤処方の指示がある場合は、薬局側で飲み合わせなどの安全性を重視し、患者に適した組み合わせで薬剤を受け取ることができることが最大のメリットです。
外部の薬剤師が専門的な視点で、バイアグラが適しているのかを二重で判断することになるので、より安全性が高くなります。医療機関においての調剤ミスを避けるための処方方法といえます。
ただし、これには患者側が各医療機関から発行された処方箋をきちんとまとめて、明確に薬局側へ提示する必要があります。また、処方される薬剤の重複を避けるために、院外処方の際は利用する薬局を1か所にとどめておきましょう。
処方箋の発行には手数料が必要で、処方箋料として680円程度の請求があります。

バイアグラを購入するなら院内処方がおススメ

セカンドオピニオンなど、複数の医療機関で診察してもらうケースも珍しくなくなりました。そのため、複数の処方箋を抱えることもあるでしょう。そうした場合は、薬局で各処方箋を吟味してもらい、飲み合わせや副作用を考慮して薬を処方してもらう「院外処方」が有効な場合もあります。
しかし、ED治療においてはセカンドオピニオンの必要性が低く、一つの医療機関で事足りる場合が常です。そのうえ、バイアグラは1錠1錠が高額になるので、万が一重複して購入した場合、大幅な経済負担になってしまいます。
主成分「シルデナフィル」の配合量で値段も左右されますが、1錠当たり50㎎配合で1,674円、25mg配合で1,500円と決して安くありません。これが重複して、必要数以上の購入をしてまった場合、大きな負担になってしまいます。
手数料を軽減する点は調合薬局に行く時間や手間を省略できる側面からも、バイアグラの購入は院内処方を推奨します。

相談しにくい悩み。一人で抱え込まず、
安心できるクリニックを探してみてください

ED治療

おすすめクリニックはこちら

クリニックの選び方