シアリスのQ&A

 

ED治療薬シアリスは前立腺炎にも効果があるの?

 

シアリスは前立腺炎などによる排尿障害に効果が期待できます


もともとEDの治療薬として開発されたシアリスですが、前立腺炎や前立腺肥大による排尿障害にも効果が期待できることがわかっていました。

そのため、海外では国内よりも早い段階で、前立腺肥大症の治療薬として認証されています。

国内では、2014年以降、前立腺肥大症薬としての製造販売が承認され、保険で処方されるようになりました。

この前立腺肥大症薬の成分はシアリスと同じですが、前立腺炎専用薬の商品名は「ザルティア」となっています。

これは、前立腺治療薬として処方される患者さんの気持ちを考えたうえでの名称変更となっています。

自宅にシアリスがあるところを、たまたま誰かに見られてEDだと誤解されてしまうことを避けるためです。

シアリスは平滑筋を弛緩させる働きがあるため前立腺炎に効果的です

前立腺炎とは、前立腺が炎症を起こしている状態です。

炎症が起きる原因は大きく分けて二つあり、ひとつは細菌によるもの、もう一つは自転車やバイクなどの刺激によって起こるもので、細菌が関係していないものです。

細菌による炎症の場合、治療には抗生物質が必要ですが、細菌が関係していない炎症の場合には、単に前立腺とその付近の平滑筋を緩めることで排尿障害改善を図ることがあります。

その際、シアリスと同じ成分の薬が使われることがあるのです。

シアリスの成分がどのように前立腺炎による排尿障害に効果的とされているのか紹介します。

まず理解しておきたいこととして、慢性的な前立腺炎などで排尿障害がある場合、前立腺と、それを囲む膀胱、尿道の平滑筋が緊張していると考えることができます。

そのため、緊張している平滑筋を弛緩させれば、排尿障害も緩和させることができると考えられます。

平滑筋を弛緩させるためには、一酸化窒素NOが必要です。

シアリスの成分には一酸化窒素分解酵素の働きを抑制する働きがあります。

つまり、一酸化窒素NOの働きを増強させる働きがあるのです。

一酸化窒素NOの働きが増強することで、平滑筋が十分に弛緩され、排尿障害が緩和につながるのです。

ED治療と前立腺炎治療では服用量が異なります


シアリスは、ED治療が目的で服用する場合、一般的に10mgの量を服用します。

それに対して、前立腺炎治療を目的にシアリスを服用するときには、2.5mgか5mgの量を毎日服用することが一般的です。

また、前立腺炎で処方される場合は、シアリスではなく、成分は同じでも「ザルティア」という商品名の薬が処方されています。

有効成分はどちらも同じタダラフィルです。

一般的に、勃起不全の改善のために服用する場合、10mgの量になりますが、前立腺炎で飲む場合、半分か4分の1の量に当たる2.5mgか5mgになります。

シアリスの服用量には上限があります

シアリスは、どのような目的で服用するのかによって上限が定められています。

一般的な基準を紹介します。

シアリスの服用量

一番服用量が多いのが肺高血圧症治療で服用する場合であり、40mgまでです。

次が勃起不全治療を目的として服用する場合であり、20mgとなっています。

上記でも紹介した前立腺炎や前立腺肥大などで服用する場合は一般的に5mgまでです。

勃起不全の治療で服用する場合には上限20mgまでとされていますが、肺高血圧症治療で服用する場合は倍の40mgとなっています。

治療目的に応じて服用量が決まっており、勃起不全治療のために40mg服用しても高い効果が出るわけではないようです。

効果がでる適切な量を服用するようにしましょう。

(まとめ)ED治療薬シアリスは前立腺炎にも効果があるの?

1.シアリスは前立腺炎などによる排尿障害に効果が期待できます

もともとEDの治療薬として開発されたシアリスですが、前立腺肥大症にも効果が期待できることが分かってきました。

そこで、国内では2014年以降、「ザルティア」という商品名で、シアリスと同じ成分の薬が前立腺炎治療薬として製造販売されています。

2.シアリスは平滑筋を弛緩させる働きがあるため前立腺炎に効果的です

原因が細菌感染ではない慢性的な前立腺炎の場合、シアリスと同じ成分の薬を使って排尿障害の改善を図ることがあります。

シアリスの成分は、一酸化窒素NOの働きを増強させて平滑筋の弛緩を助けてくれます。

その結果、排尿障害が改善されるのです。

3.ED治療と前立腺炎治療では服用量が異なります

勃起不全改善のためにシアリスを飲む場合、10mgの量を単発で服用します。

しかし、前立腺炎で飲む場合、それの半分か4分の1の量に当たる2.5mgあるいは5mgを毎日つづけて服用することが多いです。

4.シアリスの服用量には上限があります

シアリスの服用量は治療目的に応じて上限が決められています。

勃起不全治療薬として飲むなら20mg、肺高血圧症治療で服用するなら40mgまでであり、前立腺炎や前立腺肥大などで服用する場合は5mgまでが一般的な服用量となっています。

EDの治療は専門クリニックにご相談ください!

EDの悩みは専門医に相談するのが
最も効果的です。

医学根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。