シアリスのQ&A

 

シアリスは肝臓に負担をかける?

 

シアリス以外にも薬の服用は肝臓に負担をかけることになります。

af9920072435l
シアリスを服用する上でよく指摘されるのが「肝臓へ負担をかけるのではないか」ということですが、肝臓への負担はシアリス以外にも薬全般に共通していることです。

検査をしてみなければ危険か否かは断言できませんが、健康な状態ならばほとんど問題はないといえます。

例えばダイエットの薬でも肝臓に負担をかけることになりますし、男性型脱毛症の治療薬やその他にも薬全般に同じことがいえ、ほとんどの場合は問題なく服用可能となっています。

これは肝臓が持つ解毒という役割が関係しており、異物が体内に侵入した際に肝臓がこれを分解しなければならず、そのため薬は肝臓へ負担をかけることになるのです。

有名な例を挙げるならばアルコールが良い例といえます。

アルコールは肝臓による解毒作用を必要とする成分で、ついつい飲み過ぎてしまうと肝臓が分解作業に追われてしまい疲れがたまってしまいます。

休肝日は作った方が良いとよくいわれますが、これは肝臓への負担を減らして休ませるためです。

肝臓に持病を持っている方は処方されないことがあります

12e959e2485dda62515d861a20a3a207_s
シアリスやレビトラ、バイアグラといったED治療薬は効果も目覚ましく、副作用も少ないため服用したいという方が後を絶ちませんが、残念ながら処方できないというケースも存在します。

処方できないケースとしては、まず喘息の薬などにも含まれるニトログリセリンのような硝酸剤が使用されている薬を日頃服用しているという方です。

硝酸剤との併用は血圧を下げることにもつながるため非常に危険であり、このことは併用禁忌の事項にも記されています。

次に肝機能に障害があると診断されたケースです。

こちらのケースは場合によって処方可能なこともありますので、詳しくは精密検査を行う必要があります。

目安としては、処方できないのは肝硬変や自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝硬変などになり、脂肪肝やアルコール性肝障害などは処方できるケースが多いようです。

肝炎などの病気を持っており、治療中の場合にはEDの治療薬を処方できるかどうかは症状の程度にもよりますので、精密検査を受けたうえで処方という形になります。

肝機能が低下していると処方できないこともありますが、アルコールによって肝機能が低下していたり肝臓に脂肪がついていたりといった軽度の症状であればほとんど問題ないでしょう。

副作用がほとんど出ないことが特徴としてあります

バイアグラは日本国内に出回った当初はあまりよく知られておらず、勃起機能が回復する夢のような薬として男性から称えられた一方で、よく分からないいかがわしい薬というイメージも定着させることになりました。

今日でもこの流れは受け継がれており、バイアグラやそのジェネリック医薬品に対していまだにマイナスなイメージを持っている方も多く、そのため副作用について問題視されることもあります。

しかし、シアリスは副作用もほとんど出ない薬ですので安心して使用できます。

主な副作用としては頭痛や顔の火照り、動悸などになりますが、どれも軽微なものとなっており、シアリスに至っては副作用の発症率は3程度で、また副作用が出たとしてもほとんど気にならないくらい軽いものという報告もあがっています。

併用禁忌に気を付けて服用をすることで、効果も期待できます。

安全性については厚生労働省の認可を受けている点からもわかります。

性行為に合わせて服用するのが重要です

安全性が非常に高いとはいえ、肝臓への負担は確かにありますので、用法や用量を守ったとしても連日のように服用するのは避けるべきといえます。

性行為の都度、時間をあけて服用していくのがベストです。

また、日頃からお酒を嗜んでいる場合にはこちらも肝臓への負担が予想されますので、適度に楽しむようにして肝臓をいたわるようにしていきたいものです。

効果の持続時間は20時間から30時間と非常に長いのもシアリスの特徴です。

長時間効果が持続するため、服用するタイミングをあまり気にしなくてよいのも人気の理由でしょう。

(まとめ)シアリスは肝臓に負担をかける?

1.シアリス以外にも薬の服用は肝臓に負担をかけることになります。

シアリス以外にも肝臓は薬全般の分解を行う臓器となりますので、どのような薬を服用したとしても負担がかかることになります。

健康ならばほとんど問題は起きませんので、シアリスも安心して服用が可能です。

2.肝臓に持病を持っている方は処方されないことがあります

シアリスなどのED治療薬の処方は肝機能が低下しているか否かによっても処方されるかが決まります。

肝硬変などの病気にかかっていると処方できないこともありますので注意が必要です。

3.副作用がほとんど出ないことが特徴としてあります

シアリスはバイアグラのジェネリック医薬品の中でも特に副作用が出にくい薬となっています。

効果についても厚生労働省の認可を受けていますので確かなものといえるでしょう。

4.性行為に合わせて服用するのが重要です

シアリスを服用することは肝臓へ負担をかけることは確かなので、服用方法については肝臓への影響を考慮しなければなりません。

性行為に及ぶ際にのみ服用するといったような工夫をしていきましょう。

EDの治療は専門クリニックにご相談ください!

EDの悩みは専門医に相談するのが
最も効果的です。

医学根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。