シアリスのQ&A

 

シアリス服用後に運動しても大丈夫?

 

シアリスの作用自体が影響する心配は必要ありません

2fcde843bbba1c
勃起は、脳が性的興奮を感じたときに起こる現象です。

そのため、シアリスで強制的な勃起状態に導いた場合、体が大きな負担を受けているとも考えられます。

ですが、実際はそうでありません。

特有の作用で、自然な効き目が期待できるため、服用後に激しい運動を行っても基本は問題ありません。

興奮が高まりすぎると懸念されるのが、心臓や血管に対する負荷でしょう。

心筋が極度の緊張状態へ陥ったり、血管が詰まったりといったケースも事実存在します。

ですがシアリスがこれらを引き起こす要因になるかといえば、また別の話となってきます。

ただ、持病や重症状の既往があるケースは、間接的に影響を受ける場合もあります。

注意すべき状況も理解した上で、安心して使用できるよう知識を得ておくべきです。

シアリスの作用が体にあまり負担を与えない理由って?

勃起という興奮状態が必須である現象を伴うにも関わらず、シアリス使用はそこまで負担となりません。

この理由は、シアリスが持つ、勃起機能への直接的な作用と深く関係しています。

シアリスを服用すると、適正量含まれている有効成分、タダラフィルが体内に吸収されます。

この成分には、血管拡張の作用が期待できます。

すると血流はよりスムーズになり、陰茎へ流れ込みやすくなります。

そして通常の勃起もまた、陰茎内の海綿体に血が充血することで起こる現象です。

cGMPという同じく血管拡張に働きかける物質が陰茎内で充分量産生され、血流を増進して硬くするのです。

このことから、シアリスは通常の勃起機能と同様の作用に繋がっていることが分かります。

つまり、ED状態の陰茎を強制的に勃起させているのではなく、あくまで元ある体内機能を促進させているに過ぎないのです。

シアリス等のED改善薬は、何かと体へ負担が大きいと思われがちですが、実はそうでないのです。

服用後のタイミングで運動をしても、健康が害されるような負担へは基本的に繋がりません。

シアリス服用後の運動が危険となるケースについて

imasia_13187294_M
シアリス服用そのものが運動へ影響する訳ではないものの、健康状態によって注意を必要とする場合もあります。

それは、運動そのものが体調を悪化させるような病気を患っているケースです。

担当医から、激しい運動は適さないと指摘されているにもかかわらず運動をすれば、もちろん安全が保証されません。

特に、心臓や血管、脳といった部位に損傷を抱えている場合、危険は大きくなります。

またこの際、運動といっても、スポーツや健康管理のため行うものに留まりません。

シアリス使用するからには、その後性行為を予定しているケースも少なくないかと思います。

ですがこの性行為もまた、実は医学的観点においてマラソン等と同様の運動行為とみなされているほど、負担を伴います。

持続的効果に期待できるシアリスを使用するケースは、なおのこと注意すべきでしょう。

運動制限を受けている持病がある患者の人は、運動はじめ、性行為にもまた注意が必要なのです。

シアリスの使用に限らず、気をつけるべき点となります。

安全な使用を心がけるには?

シアリスに関連した危険を防ぐ方法としては、医師から的確なアドバイスを受けておくことが重要となります。

シアリスは、2005年9月に承認申請の出された、国が認める信頼感じられる薬です。

そのため医療機関から正規購入することが可能なので、処方時にしっかり説明を聞いておくと良いでしょう。

その際ポイントとなるのが、持病を正しく伝えることです。

専門知識を持つ医師に処方してもらうケースでも、自己申告できなければ意味がありません。

かかりつけの病院で診断書など用意してもらい、それを持参しておくとより確実です。

また合わせて、かかりつけである病院の担当医師にも、シアリス使用を検討している旨は伝えておくべきでしょう。

そしてもう一点、持病に伴い服用している薬の申告も重要です。

シアリスは負担の少ない安全な薬である一方、併用禁忌薬も多い存在です。

併用薬の影響で、血圧降下作用が強まる恐れもあります。

過度に低い血圧状態での運動は、それこそ心臓等へ大きな負荷を与えます。

とはいえ、いくつか存在する注意点さえ押さえておけば、シアリス使用、そして合わせての運動も、問題なく行えます。

いずれにおいても、専門家である医師へしっかり相談しておくことが大切です。

(まとめ)シアリス服用後に運動しても大丈夫?

1.シアリスの作用自体が影響する心配は必要ありません

勃起は、脳が性的興奮を覚えたときに起こる現象ですが、シアリスの作用は興奮と関係ありません。

そのため、服用後に運動を行っても、基本は問題ありません。

ただ、持病や重症状の既往がある場合は、少し注意が必要なので、安全使用を心がけましょう。

2.シアリスの作用が体にあまり負担を与えない理由って?

シアリスの作用も通常の勃起も、血行促進作用により陰茎へ充分な血液を送り込むという仕組みです。

シアリスはあくまで自然な勃起をサポートする存在なので、そこまで体に負担を与えません。

そのため、服用後に運動をしても、そこまで影響はありません。

3.シアリス服用後の運動が危険となるケースについて

シアリス使用に関係なく、心臓や脳の持病がある場合は、運動によって症状を悪化させる危険性も伴います。

またさらにそういった人は、性行為も適さない場合が少なくありません。

シアリスは期待できる効果の長時間持続が特徴なので、特に注意すべきです。

4.安全な使用を心がけるには?

シアリスは、国に認可を受けた薬であるため、医療機関から処方してもらえます。

そのため受診時に、医師へ持病や服用薬についてしっかり伝えておきましょう。

専門知識のもと、安全使用へ向けたアドバイスを正しく受けることができるでしょう。

EDの治療は専門クリニックにご相談ください!

EDの悩みは専門医に相談するのが
最も効果的です。

医学根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。