シアリスのQ&A

 

シアリスを使うことで鼻づまりになることってある?

 

副作用として見られやすい症状です


シアリスは、数あるED改善薬の中でも安心感が特長的な薬です。

副作用が少なく、安全なED改善に役立てやすいです。

そしてその中の一つに、鼻づまりが存在します。

シアリス服用後に、風邪を引いていないにもかかわらず鼻づまりが感じられたら、それは副作用と考えておいて問題ないでしょう。

とはいえ、鼻づまりが大きな症状に繋がるといった不安は、ほとんどありません。

性行為という激しい運動行為が伴ったとしても、重病化するケースは考えにくいので安心してください。

またどうしても気になる場合は、簡単な方法で抑えることも可能です。

辛く感じる、性行為に集中できないなどあれば、その方法を検討してみても良いでしょう。

主にどんな副作用があるの?

シアリスの使用で見られる代表的な副作用としては、頭痛・潮紅・ほてり・消化不良などがあります。

国内の公式な調査における発症率は、約27.2%であったそうです。

数字だけ見ると、少し不安も感じられそうなところですが、そこまで心配する必要はありません。

いずれも軽症状であり、性行為の続行が不可となったり、日常生活に支障を来すようなレベルではないためです。

むしろ、シアリスが効き始めたサインとして、好意的に捉えられる存在ともいえます。

鼻づまりの見られるケースはこれらよりもさらに稀で、海外の調査においてわずか確認されたほどだそうです。

もちろん、発症したからといって不安伴う症状でもないため、気にしすぎる必要もありません。

注意すべき副作用としては、持病や併用薬が伴うときです。

シアリスは血管に作用が期待できる薬であるため、心臓や血管系統に不安を抱えている場合、重病化も少し懸念されます。

処方時に、しっかり医師へその旨を伝え、危険がないか確認の上服用するよう心がけましょう。

何で鼻づまりはそこまで心配する必要がないの?


薬には、さまざまな副作用が存在します。

そして、危険度の高いもの低いものそれぞれが混在しています。

危険と判断するか否かは、重病に繋がるかどうかという点が基準となってきます。

鼻づまりに関しては、周知の通り軽い風邪程度でも感じることがある身近な症状です。

また、重病に至る兆行として鼻づまりが起こっているケースも、考えにくいです。

その理由は、シアリスに期待できる作用から紐解くことができます。

シアリスは、有効成分タダラフィルの作用により、PDE5という勃起抑制酵素を阻害し、血管拡張させることで健康的な勃起に繋げる改善薬です。

ここでポイントとなるのが、血管拡張による血行促進です。

血圧を下げることで、血の巡りが良くなるため、それに応じて頭痛・潮紅・ほてり・鼻づまりなどが現れやすいのです。

万が一重い副作用に繋がる場合であっても、この作用が影響して、心臓や血管といった血流を伴う部位で起こります。

その点、鼻づまりは特に関係ありません。

そのため鼻づまりが気になったとしても、重病には至りにくい、軽度の部類に入る副作用と考えておいて、まず問題ないのです。

基本的には、安心しておいてください。

気になる鼻づまりを抑えるには

前述までの通り、鼻づまりは特に心配が必要ない軽い副作用です。

とはいえ、度が過ぎるとちょっと気になるかもしれません。

息が苦しく、性行為に集中できないといったケースも出てくるでしょう。

理想的な勃起を期待するには、リラックスすることも重要となります。

性的刺激によって、本能的に興奮を高める必要があります。

その点、辛い鼻づまりは邪魔な存在となってしまうかもしれません。

どうしても苦しいときは、市販の鼻炎薬等を用いて問題ありません。

心臓、血管系の禁忌薬には含まれないため、安心して併用することができます。

医師に相談して専用の薬を出してもらえば、より安心です。

また、リラックス状態に至れずうまく勃起できない場合は、適度のアルコールを摂ることも有効です。

シアリスは、お酒との飲み合わせが問題ない薬であるため、不安なく摂取できます。

軽い酔いは、より性行為への集中を高める要素となってくれることでしょう。

ただ過度な摂り過ぎは、感覚を鈍くし勃起を弱める恐れもあるため、量に注意すべきです。

このように、シアリス服用に伴う鼻づまりは、不安が少なくまた個人での解消もしやすい存在です。

鼻づまりが起こりがちな人も、安心してシリアスを使って問題ありません。

(まとめ)シアリスを使うことで鼻づまりになることってある?

1.副作用として見られやすい症状です

シアリスは安全な薬ですが、少ない副作用の一つに鼻づまりは存在します。

とはいえ、それが重病に繋がるケースは考えにくいので、安心しておいて問題ないでしょう。

どうしても気になる場合は、対処することも可能です。

2.主にどんな副作用があるの?

シアリスの主な副作用には、頭痛・潮紅・ほてり・消化不良、そして鼻づまりなどがあります。

とはいえ、いずれも軽度であるため、そこまで心配する必要はありません。

ただ、持病や併用薬がある場合はそれに限らないため、ちゃんと相談しておきましょう。

3.何で鼻づまりはそこまで心配する必要がないの?

副作用にはさまざまなものがあるものの、鼻づまりは軽度と捉えておいて問題ありません。

シアリスの作用に伴ったものであり、また重い副作用が起こる兆行とも考えにくいです。

心配する必要のない、成分が効き始めたサインと考えておいて大丈夫です。

4.気になる鼻づまりを抑えるには

シアリス服用に伴う鼻づまりが気になる場合は、市販の鼻炎薬を使って緩和してみてください。

また性行為への集中を削がれることが気になる場合は、適度なアルコールを摂ってもよいでしょう。

EDの治療は専門クリニックにご相談ください!

EDの悩みは専門医に相談するのが
最も効果的です。

医学根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。